洗脳された同性愛者、完全に急増中じゃないのかな?



同性愛キャンペーン的な感じで、芸能界もオネエタレントが増えてきましたね。

そして、それをチヤホヤする風潮があるようです。

しかしこれは一体どんな感じでしょう?かなり厳しい世界の目が向けられているのではないでしょうか。




■洗脳がすごい

同性愛者はかつて性的マイノリティなどと呼ばれる少数派でしたよね。

それが洗脳によって、どんどん増えてきているようです。

「もしかしたらあなたも同性愛者かもよ?」と、繰り返し擦りこむことによって、自分のことを同性愛者と勘違いし、取り返しのつかない方向へ進んでしまうケースもある模様。

ある日我に返った日に絶望することだってあるかもしれませんね。

そうなってしまってからでは遅いんですけど、気付かない人が多いようです。


■自信をなくしていること

この刷り込みが簡単に行われていることは、日本人の自信喪失が影響しているのではないでしょうか?

男女問わず自信を失くしてしまっている日本人。

だからこそ、強い口調で「あなたは本当に同性愛者じゃないの?冷静に考えてみ?」などと言われると、「え…あ…うん…もしかしたら少しそうかも…?」などと混乱してしまうことでしょう。

ここが相手側のやりたい心理誘導なんでしょうね。

互いに同性愛で楽しそうにしているのはいいかもしれませんけど、他人を巻き込むのが大変ですね。




■あなたの彼も同性愛者に?

そうなってくると、あなたの彼氏も同性愛者に「教育」されてしまう可能性があるでしょう。

彼の周りにゲイは1人もいませんか?そういう情報をネットで積極的に取ってたりはしませんか?

人間の心とは移ろいやすいものでもあり、洗脳は思ったよりも強力かもしれません。

彼が自信喪失している時とかにちゃんと包み込んであげられなければ、何のはずみに同性愛者になるかわかりません。

そういった意味では男友達すらもライバルかもしれませんね。


■狂ってしまう運命

そんなこんなで運命が壊れてしまう可能性だってあるでしょう。

そうやって人は運命の歯車を踏み外していってしまうのでしょうね。

この辺りはまさにご愁傷様といったところかもしれません。

運命が狂ってしまうとかなり残念ですから、これから先の運命もしっかりと追っていきたいところですね。

大好きな彼がゲイになってしまっては、さすがにやりきれないところでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は洗脳された同性愛者、完全に急増中じゃないのかな?といったところに踏み込みました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】