デート中のカレとのベスト距離を計れ!それが出来たら一人前!



カレとのベスト距離とはどのような感じでしょうか?

この辺りは無意識にできるタイプもいますけど、チェックしとくべきでしょう。

この周辺のポイントをざっくりでも抑えているのとそうでないのとでは、雲泥の差が出てくるといえます。




■出会い頭のタックル

まず、出会い頭のタックルは必需品です。

出会い頭に抱きついてくるのは流石に周りが見ていてアレですけど、タックルなら問題なし!

出会い頭のタックルは、周りから見ていても「痛そー」と思うくらいで、別にウザいなどとは思わないことが大半。

もちろんそのほうが良いのは明らかですよね?

そういった点を踏まえても、出会い頭のタックルは上手く活用していきたいものです。


■ちょっと距離置くのもアリ

また、ちょっと距離を置くのも楽しみの一つといえませんか?

相手との距離を離して歩くことによって、彼も貴方のことを一層気にかけるようになるでしょう。

そうなってくると貴方としても嬉しいことこの上ありませんよね!

そうなってくれるように仕向けるのは、ある意味では極意中の極意であると言えそうです。

様々なテクニックを駆使する中、ちょっと距離を置くというのは意外にレアなテクニックかも知れませんね!




■カレを立てるときは一歩引く

また、彼を立てるときは一歩引いて触れることが良いでしょう。

男は前を歩いてもらい、女は下がって見守るみたいな感じですね!

こういった関係がちゃんと作れれるなら、そのカップルは長続きしそうかもしれません。

そういった点を踏まえると、一歩引くのはかなり効果的なテクニックといえそうです。

色々な技術があるわけですが、上手く活用したいですね!


■2人きりになったら即密着

そして最後にカウントしたいのはやはりこれでしょう。

ふたりきりになったら即密着し、寂しかったことを伝えましょう。

外では少し離れ気味にしておくことで、密着した時の喜びはひとしお。

この辺りを踏まえると、このテクニックは男心をくすぐった、非常に面白いテクニックであるといえます。

これからの恋愛対策に、ぜひ活用してみると、関係がグンと良い感じになる可能性もありますよ!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はデート中のカレとのベスト距離を計れ!といった点について触れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】