ほんと今すぐ消えてくれ!彼氏が嫌がる4つの言葉!



彼氏になったあとにでも、男性が嫌がるフレーズというのがあるようです。

そして、それらを調べてみると、かなり阿鼻叫喚の地獄絵図。

そこで今回は、彼氏が嫌がる4つの言葉について触れていきましょう。

想像以上に男性はクレバーに反応しているようです。




■好き好きうるさい

まず最もヒドい反応が多かったのがコレ。

「だから何?これしか話すことねーのかよ」

「私のこと好き?って何回聞けば気が済むんだ」

「好き好き言われると、女ではなく猿にしかみえなくなる」

極端な意見でもこういったのが多かったようです。

このような感覚で捕らえる男が悪い!と逆切れする女性も多いようですが、実は大半の男性はコレなのだとか。

ここは女性が合わせないといけない部分みたいですね。


■イケメンイケメンうるさい

そして、これもかなりヒドい内容ですね。

「外見を褒められても全く嬉しくない」

「自分の容姿がどのくらいなのか十分知ってるし、正直ウザい」

「だから何?どうしてほしいの?」

こういった意見が多かったようです。




■ヒマヒマうるさい

また、男性がイラっとくるもうひとつのパターンがこれ。

「自分でなんか考えろ」

「人を暇つぶしの道具にするな」

「他に何もすることないの?馬鹿なの?」

彼氏という立場になってもやはりそこは人と人の付き合い。

あまりにヒマヒマうるさいとこう思われてしまうのだそうです。


■会話に内容なさすぎ

全体的に男性は、会話に内容がないものを嫌うようですね。

また、その言葉の目的が不透明なものに対して苛立ちを求めるようです。

「かっこいい!イケメン!好き!」というのも最初は嬉しいかもしれませんが、嬉しいのはその気持ちが一度伝わるまで。

それ以降は「もうわかったから。ホントうるさい」と解釈されてしまうことが多いようです。

気持ちが伝わったあとは、そうならないように気をつけないといけませんね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は彼氏が嫌がる4つの言葉について触れてみました。

是非参考にしてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】