「ちっぱい女子」が愛される理由が判明したらしいぞ!



胸が大きい女性がモテる不条理な世の中。

そう、この世界は理不尽に満ち満ちているのです。

しかし、そんな闇に包まれた世界に光が差し込もうとしています、

ちっぱい女子にスポットライトが当たる栄光の日々が訪れようとしてきているのです。




■希少価値

ちっぱい女子にはなんともいえない希少価値があるのは明らか。

現代では食べ物の影響や様々なバストアップ効果などがあり、巨乳系女子が増えてきているのだとか。

しかもそのうえ、ブラを寄せることによって、さらなる巨乳化を計るケースもあるようです。

しかしだからこそ、男性はソレらに目が慣れてきてしまってきているようですね。

逆に減ってしまったちっぱい女子に光が当たり始めた歴史的一幕と言えるでしょう。


■コンプレックスが可愛い

次に触れたいのはこちら!

やはりちっぱい系であれば、そのコンプレックスが可愛い!という男性が多いようです。

「私胸大きいでしょう〜?」などと自慢気に迫られると、男性はかなり引いてしまう傾向にあるのだとか。

反面胸が小さいちっぱい女子は、照れてしまう傾向がかなりあるようです。

そういったコンプレックスを持っているからこそ、いい感じで男心をくすぐってしまうのだとか!




■育てたくなる

さらにはこういった男性もいるようです。

育てたくなる!という感覚はわかりませんけど、個人的にはなんとも言えないアレですよね。

でも、実際に男性に揉まれることによってAカップからEカップになった!という人もいます。

せっせと揉んでもらって育ててもらうのはひとつの技術かもしれませんね!

いくらバストアップを試してもだめだった方は、トライしてみても良いのかも?


■純粋そう

そして最後にコレです。

胸が大きいというだけで、世の中では「下品」という印象を持つ男性が増えてきている様子。

場合によっては「奇乳」などと呼ばれることすらもあるようですね。

ちっぱいに品があるかどうかは一旦置いておくとしても、どちらかというと清楚に見えるのはいいことでしょう!

また、着物などが似合うのも、ちっぱい女子の特権であるということができるかもしれません。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「ちっぱい女子」が愛される理由をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】