「ベッドの上だけだよお前なんて」と男子が思うタイプ4選!



世の中にはとてもゲスな男も増えてきているものの、ゲスな女も増えてきているようです。

なにかにつけて恋愛のことしか頭にない女性が増えてきている傾向もあるからか、男性は特に身体の関係だけにとどめようとすることもしばしばなのだとか。

今回は「ベッドの上だけだよお前なんて」と男子が思うタイプ4選をまとめてみました。




■寂しがりや

まず、もっともそう思われやすいのはこれですね。

ツイッターやラインのタイムラインなどで、しきりと自撮りをアップしてきて寂しいてきなことをつぶやいている女子。

外見は可愛いのにかまってちゃんすぎて痛い子になっているケースがあります。

男性にチヤホヤされていないと自分の存在価値を認識できないタイプともいえるでしょう。

このタイプの女性は基本的にうすっぺらいので、男性的にも拒絶しがちなのだとか?


■何でも尽くす

次に危険なのは、何でも尽くすタイプの女子。

男性に対してなんでも尽くすタイプの女子に関しては、男子が「何をやっても大丈夫」と勘違いしやすいのです。

普通ならば「こんなことしたら相手は嫌がるかな?」と考えながら理性をもって振る舞うものですが、これが出来ないケースも増えてきています。

自己中男子・自己中女子が増えてきているってことですね。

こういった点を踏まえて考えていくと、何でも尽くすタイプの女子は男子に捨て」られてしまう可能性がありそうです。




■重すぎる女

これは上記とはまた別の理由ですね。

むしろ、重すぎる女に関しては身体の関係だけでいいかな。と思わせてしまうことが多いようです。

相手にとって嫌われないようにするのも一苦労で、とてもむずかしいことがわかりますよね。

こういった点を踏まえていくと、重すぎる女になってしまっていないかチェックしたいところ。

相手のことが好きだったらこういうのは仕方ないかもしれませんけどね。


■ルックスや肩書で判断する女

最後にピックアップしたいのはこれでしょう。

ルックスや外見だけで判断する女性は、男性に嫌われてしまう傾向があります。

外見だけで来る女に関しては、遊んで飽きたらポイで充分…と考えられているケースが大半。

それを知らずにウハウハしている痛い女子も世の中には多いようです。

こういった状況に陥らないようになんとか考えていかなければいけませんね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回は「ベッドの上だけだよお前なんて」と男子が思うタイプ4選をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】