男子は「顔が良ければ良い」と深いところで言えるのが本当にいい女!



男子は「顔が良ければ良い」と深いところで言えるのが本当にいい女なのだそう。

一見ひどい考え方のように感じますけど、どういった真意があるんでしょうか?

そこで今回はこの一見ひどい理論のようなフレーズについて考えてみましょう。




■男子は「顔が良ければ良い」と言うためには!

「男子は顔が良ければ良い」と断言するためには、あなたにどのような能力が必要でしょうか。

相手にルックスの良さを求めるのであれば、あなた自身も相当ルックスが良くないといけないでしょう。

むしろ女性の外見的美しさというものは、男性の外見的美しさと比較して劣化しやすいといわれています。

年齢を重ねても美しくあるための努力と自信がなければこの言葉はいえませんね。

このあたりを踏まえると、相当な言葉であると思われます。


■どんな男性にも対応できる自信

どんな男性に対しても対応できる自信がなくてはこの言葉はいえません。

モジモジした小心者、特別な性癖を持った変わり者、どS気味の男性、お金持ちの男性に、貧乏な男性。

どのような男性であっても一緒に生きて幸せになれる自信がなければこの言葉は出せないでしょう。

「外見が良ければいい」という言葉の裏側には、どんな相手でも私は幸せになれるし、相手も幸せにしてみせる!という自信が垣間見られます。

真に自立した美しい女性にとって、相手の性格などは関係ないのです。




■ピックアップ:理想のタイプとは?

合コンなどでよく「理想のタイプ」を聞かれることがありますよね。

みんな色々工夫をして答えていて、優しい人とか面白い人、といったコメントをしているのが目立ちます。

しかし、実はこれらは「自分の弱点の暴露」という側面があるのです。

相手が優しい人じゃないと、一緒に付き合っていけない自分。

相手が面白い人じゃないと、面白く遊んでいけない自分。

本当にいい女は、相手が優しい人じゃなくても優しくさせてしまうし、面白くなくても面白みを探すのでしょう。


■自立した女性になるメリット!

これまでは男性が女性慣れしていないこともあって、様々なシチュエーションにおいて簡単に恋愛が成立しました。

女性からの恋愛テクが周りにバレていないということも影響しているでしょう。

しかし、現代は男性までもが女性の恋愛テクを勉強して相手のアプローチに対応しようとする時代。

少し時代が変わってきている以上、男性に優しさや面白さなどの性格面を求める女性は淘汰されてきているようです。

今の時代は「どんな性格の男性でも幸せに出来る」という強さが求められているのかもしれませんね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回は男子は「顔が良ければ良い」と深いところで言えるのが本当にいい女という理論について掘り下げました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】