泣かせても良い?激しく揺さぶる高等恋愛技術!



男性を落すために必要なテクニック、揺さぶり。

本当は1人の男性に執着しすぎるのは基本的に時間のムダになってしまうことが多いものです。

そこで今回は、相手を激しく揺さぶる高等恋愛技術をまとめていきます。




■はじめに

まず、1人に執着するデメリットから知っていきましょう。

告白成功率30%の彼に対して頑張って100%まであげるのは至難の業。

それなら告白成功率10%の男性10人と仲良くしたほうが彼氏を作るのは手っ取り早いですからね。

しかし、それでも本気でその彼だけを落としたいのであれば、普通にやっていては無理です。

おもいっきり揺さぶることが必要となってきます。


■喜怒哀楽を使い分けろ!

恋愛は基本的に喜の感情と楽の感情に訴えかけるのがベスト。

喜の感情と楽の感情で仲良くやっていくことで、その男友達の中から、勝手に自分のことを好きになってくれる人が出てくるはずです。

その男性が妥協できるラインにいるのであれば、その男性を自分好みに改造するのが最短でしょう。

しかし、1人の本当に好きな彼を落すのであれば、それではだめなのです。

彼があなたに対して恋愛感情を抱きにくい状況ならば、喜の感情と楽の感情にうったえても友達止まりでしょう。




■重要なのは怒と哀!

そこで重要になってくるのが怒の感情と哀の感情です。

恋愛テクニックでは怒の感情と哀の感情に訴えかける方法はほとんど明かされていません。

しかし、怒の感情と哀の感情は、喜の感情や楽の感情と比較して「無視しにくい感情」だったりするのです。

よって、怒の感情と哀の感情を覚えさせることによって、あなたの存在を彼の心に刻みつける事ができます。

怒らせても良い、泣かせても良いのです。


■揺さぶりテクニック!

相手にとってかけがえの存在に鳴るためには、彼との大きな喧嘩と大きな仲直りを繰り返すこと。

これをすることによって、彼の怒りや悲しみを煽り、仲直りすることでそれを解消してあげるのです。

自分で問題を生み出し、時分で解消することよって安心感を与えてしまいましょう。

この技術をうまく応用しているのが「グルメ業界+ダイエット業界」だったり「グルメ業界+医療業界」だったりするのです。

太らせてお金を使わせて、ダイエット商品でまた使わせる。

不健康になってもらって、医薬品を購入してもらう。

このダブルパンチを使うことで、相手をトリコにしてしまうことが出来るといえるでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は泣かせても良い、激しく揺さぶる高等恋愛技術をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】