恋愛術の最先端!多方向アプローチがキテる!



ファッションの最先端と同じように、恋愛術の最先端も変化してきています。

今までは、“ひとりの男性をいかに落すか?”という恋愛術が中心でしたが、新時代は少し違うみたい。

今は”複数の男性を一気に落とし、その中から好きなのを選ぶ”時代に突入しているようですよ。




■一点集中からリスク分散型へ

いままではひとりの男性にターゲットを絞ってなんとか落すべく頑張るスタイルが推奨されてきました。

もちろんこれも充分使えるんですけど、それ以外にも活用できるものは色いろあるのです。

そう、同時に色々な男性にアプローチしておくことで、何も得られないリスクを解除できます。

少し詳しく見ていくと理解できそうですね。


■二兎追うものは一兎も得ず

二兎追うものは一兎も得ずとは有名なことわざで、2人を狙うと1人も落とせないよ、といった教訓として受け入れることが出来ます。

しかし、もう時代は変わってきたんですよね。

SNSが普及することによって、簡単に出会えるようになった。

それで新しい格言はこれ。

一兎しか追ってない人は、それに逃げられたらどうするの?




■一兎しか追ってない人は、それに逃げられたらどうするの?

一兎しか追ってない人は、それに逃げられたらどうするの?といことですが、まさにこれです。

そりゃ昔は新しく出会うのが難しかったでしょうから、なんとか一撃必中を狙ったでしょう。

しかし昔に比べて簡単に出会えるようになった今、男性を”獲物”とするならば、”獲物が無限に湧いてくる状態”になっているわけです。

狩りたい相手を狩り放題。

だったら次から次へと獲物を確保したほうが賢いのです。


■1週間もあれば!

今は1週間もあれば彼氏ができる時代といわれています。

手順としては以下です。

①タイプの男性をSNSで10人位見つける
②全員にメッセージを送る

これだけでたったの1日しかかかりません。

そこまでいけばあとは簡単、勝手に”会いたい”などと言ってくるに違いありません。

成功率が10%だったとしても、10人に声掛けすれば1人とはカレカノ関係になれるでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今は一人集中ではなく、多人数にアプローチする時代。

女性だからといってこの狩りに出遅れたら、いい男はみんな売り切れてしまうかもしれませんよ!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】