男子が「彼女という存在に疲れた時期」を乗り越える方法を仕入れてきたけど。



女性が彼に疲れることがあるのと同様に、男性にもまた「彼女という存在に疲れた時期」というものがあります。

そこで今回は男性が「彼女という存在に疲れた時期」を超えていくための方法を仕入れてみました。

女性から見て、こういうことをされている・・・と認識しておくと良いでしょう。




■楽なデートだけする

楽なデートだけに絞るのは男性にとっての常套手段!

一緒にいることによって疲れてしまうのであれば、楽なデートだけに絞ってしまえば楽ですからね。

こういった方向に自分のベクトルを向けることで、スタミナの消費を抑えているのだとか。

確かに男性ってだんだん楽なデートを好んでいく方向にあるみたいですよね!


■友達に愚痴る

友達に彼女に対する愚痴をいうのも一つの手段なんだとか。

友達に愚痴ることによって、気持ちがスッキリしてまた仲良く出来るのであればいいかもしれませんね。

とはいえ、陰口を叩く男性は人間としてまだ完成していない証拠でもあります。

あなたの前で友達の悪口をいう男性は、影であなたの悪口を言っているに違いありません。




■他の女子とデートする

他の女子とデートすることで、彼女の良さを再確認できる…などといったフザけたことを言う男子も多いようです。

これは実は逆説的に考えると分かりやすいのです。

他の女子とデートすることで、彼女の良さを再確認できる…のではなく、彼女の良さを再確認するという理由をこじつけて、他の女子とのデートを正当化している…と考えるのがベスト。

本当に彼女の良さがわかる男性なら、日頃から感謝と観察を怠らないでしょう。


■別れるデメリットを考える

別れたあとに面倒くさかったり、デメリットが多かったりっしたら別れにくくなります。

そして、別れという大きなイベントを架空の世界で終了させてしまうのです。

いつもどおりの毎日を大切にすることが出来る男性は、ある意味で別れるデメリットを考える達人かもしれません。

こういった方向に意識のベクトルを向けることによって、だいぶ気楽になるようです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は男子が「彼女という存在に疲れた時期」を乗り越える方法を仕入れてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】