男子が「眼鏡をかけている女子にされたい仕草」というものがあるらしいけど。



男子にとって「眼鏡をかけている女子にされたい仕草」というものがあるようです。

世の中には色々なフェチがいますから、これもまた当然と言えるでしょう。

私たちはこういった男性に対してどう接していけば良いのでしょうか。

とりあえずは仕草をまとめていってみましょう。




■見下されたい

まずされたいと有名なのがこれ「上から見下されたい」というもの。

場合によっては「踏まれたい」という男性もいるようですから、そういう男子は心置きなく踏んであげてもいいでしょう。

普通に考えて踏むなんてキツいですけど、Mっ気タップリの男性に対してはむしろサービスになってしまうのだそうです。

趣味や感覚が多様化してきた影響で、見下されたいという男性も多いのだとか。


■上目遣いされたい

逆にSっ気タップリの男性は上目遣いをされたい、というタイプも多いようです。

メガネの上から覗き込むように上目遣いをすることによって、キュンとするという男性は非常に多いというもの。

これは男性に対する非常に大きな胸キュンポイントを抑えているので、ぜひ試してみると良いでしょう。

どうせやるならば上目遣いの角度を利用して、胸の谷間も強調するとなおGOOD!




■メガネを探す仕草

メガネを見失なって「メガネメガネ…」となっている姿はとても可愛いもの。

これに関しては女性から見ても可愛いかもしれませんね。

男性のノリではこの仕草をされると逆にメガネを隠していじめたくなるのだとか。

こういった弱みをあえて魅せるのは恋愛的心理テクニックなのかもしれません。

ぜひためしてみると良いでしょう。


■顔を近づける

よく見えないことを理由にして、顔を近づけてくる女子も男性から好かれるのだとか。

なんなら髪が触れるくらいの距離まで接触してあげることによって、歓喜の極みになるんだそうです。

女性慣れしている男性からしても「見えないから仕方ないか」という感じなので、変に勘ぐられることも少ないでしょう。

これは効率的かつ効果的なテクニックのひとつであるといえます。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は男子が「眼鏡をかけている女子にされたい仕草」をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】