「私、○○なんだよね…」男性が恋愛から外したくなってしまうセリフ6選!



友達と恋愛対象の境界線って?

自分では線引き出来るけど、実際どこが明確なラインになっているのかってイマイチわかりませんよね。

しかし、男性でも「これを言われたら…」というものはあるようです。

そこで今回は、男性が恋愛から外したくなってしまうセリフを特集してみました!

 



■私、化粧に2時間かけてるんだ

出かける時にメイクはして欲しいものの、毎回2時間はちょっと…。という男性は多いみたい。

ちょっと買い物に行くときはパパっと出たかったりする時もありますので、うまくそのデートの重要度によってうまく時間調節しましょう!

 
■私、相手の浮気は許せないけど、自分はこっそりバレないようにするタイプなんだ

自分はこっそりバレないように…って…。

私、浮気します宣言されるとやっぱり恋人候補から外したくなってしまいますね。

ただ、既に彼氏のいる女性だったら「浮気OKサイン」の可能性もありますから、複雑な心境…。

 
■私、前の彼氏が忘れられないんだ

昔の彼氏、忘れられないことはあるかもしれませんが、出来れば言わないでほしいもの。

自分だけをまっすぐ見てほしい!と思うのは女性だけではありませんね!

 


■私、風呂嫌いだからあんまり入んないんだ

うん、これはお風呂入りましょう!

男性もモテるために清潔感を意識してたりする方も多いです。

楽なイメージを与えることには成功しますが、不潔感を与えてはマイナスですね!

 
■私、面食いでさ。俳優の○○くらいかっこいい人じゃないと付き合えないんだ

日本人男性の平均顔は、いくらなんでも俳優さんには適いません。

また、男性も女性と同じで「俳優みたいにイケメンじゃないけど、相手の一番でありたい!」とは考えますから、配慮して発言するようにしましょう!

逆に、イケメンの人は「かっこいい!」と言われても、「またか~…」となってしまうケースが多いみたい。

 
■私、モテるから男には苦労したことないんだ

これも男性としては少し引いてしまう事が多いようです。

モテる男性、モテる女性はやっぱりそういった魅力があるのでしょうが、それを公言してしまったら「うーん…」となってしまいますよね。

下手したら「遊んでるんだな~」という印象を与えてしまうかも?

 


■おわりに

いかがでしたか?

誰にでも「これを言われたら…」というセリフはあります。

事前に知って地雷を回避しておきたいものですね!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】