シャボン玉の内側と外側から見るように、恋愛の見方は変わってくる



恋愛はシャボン玉、とよくいわれます。

これは一体どういうことなのでしょうか。

そこで今回は、シャボン玉の内側と外側から見るように、恋愛の見方は変わってくるという概念をまとめていきます。




■シャボン玉の内側と外側

シャボン玉を外から見てみましょう。

フワフワと宙を舞い、とても美しく見えるはずです。

さらにその形は完全な玉にはならず、若干ユラユラと変化したりします。

これはまさに芸術そのもので、他人の恋愛を見つめる時はこのような形になることが多いでしょう。

納得する方も多いはずです。


■内側に閉じ込められてみる

では、シャボン玉の中に閉じ込められてみるとどうでしょうか。

自分の周りがユラユラと揺れ、どこか異世界にいるような感覚すらしてしまうかもしれません。

これがシャボン玉の内側効果と、一部で呼ばれているものです。

恋は盲目、と近い表現であるともいえるかもしれませんね。




■シャボン玉の内側効果

シャボン玉の内側にいると、全ての世界がゆがんで見えます。

そしてそのうえ、現実ではないかのように美しく見えてしまうかもしれません。

恋愛をしているときはまさにこのような感覚であるといえるでしょう。

しかしどうでしょうか。

この状態は神経に麻酔を刺されている状態となんら変わらないかもしれません。


■悪いシャボン玉

もしあなたが悪いシャボン玉の中に閉じ込められているのであれば、その外側に出るために壁を触ってみましょう。

もちろんシャボンで出来ているわけですから、比較的軽い感じで敗れるに違いありません。

しかし、あなたは怖くてなかなか触ることが出来ないのです。

シャボン玉の内側から見る”外の世界”に慣れてしまったあなたにとって、シャボン玉を破るというのは世界が一瞬にして形を変えるときなのですから。

しかし、悪いシャボン玉に捕まっているときは、どうにかそこから脱出せねばならないのです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は、シャボン玉の内側と外側から見るように、恋愛の見方は変わってくるという概念をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】