別れの予感を察知して心の痛みを緩和する技術!



付き合い始めの頃は「会いたい」などと熱いメッセージを送ってきてくれていた彼。

しかし、一定の期間が過ぎてしまうと、いつもどおりの毎日になってしまう・・・。

そのような経験はありませんか?

今回はそんな彼とのマンネリについての対策を掘り下げていきます。




■彼はなんで私に興味が無くなったの?

まず考えたいのはこのポイント。

彼はあなたに興味がなくなったわけではないのです。

しかし、付き合い始めの頃と、付き合ってしばらくたってからは、男性の感覚に大きな開きがあります。

その部分をしっかりと理解して、対策を打っていくことが必要であるといえるでしょう。

付き合い始めの頃と、付き合ってしばらくたってからの違いはどのようなものでしょうか。


■付き合い始めの頃と、付き合ってしばらくたってからの違い

付き合い始めの頃と、付き合ってしばらくたってからの違いとして最も大きいのは「慣れ」です。

彼としてはあなたに飽きたわけではないのですが、出会ったばかりのように「可愛さ・外見」などの女性的部分から、「考え方・人間性」といった部分に視点が移りやすくなります。

つまり、可愛さ・外見などで攻めても彼の注意をひくことが難しくなってくるのです。

でも、考え方や人間性って難しい…そういう時は別の方法があったりするので、そちらを試してみましょう。




■彼という人間を攻略する!

彼という人間を徹底的に攻略することを考えてみましょう。

私に振り向かせたい!ではなく、彼を徹底的に攻略することで、必然的に彼に振り向かせることが出来るのです。

彼が興味を持っているものは一体何でしょうか?

仕事?ゲーム?勉強?マンガ?それともスポーツ?

彼の興味を持っているものを分析し、なぜ彼がそれを楽しんでいるのか?といった部分をチェックすると、意外な解決策が見いだせることがあるものです。


■それでもうまくいかないなら?

それでもうまくいきそうになかったら、彼との関係が終わることを予め覚悟しておきましょう。

予想すらしていないところに別れが飛んできてしまったら、心が壊れてしまうかもしれません。

しかし、予想さえしていれば「やっぱりね」で済ませることで出来ることもあるものです。

予め最悪のパターンを予想しておくことで回避できる胸の痛みもあったりします。

もちろんうまくいくための努力を惜しむ必要はありませんが、それと同時に心を固めておくこともいいかもしれません。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は別れの予感を察知して心の痛みを緩和する技術をまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】