男子が引いてしまう4つの「私◯◯なんです」アピールとは?



私◯◯なんですアピールによって、男子の気を引くことは簡単に出来るでしょう。

しかし、いい意味で印象に残るならまだしも、悪い意味で印象に残ってしまっては勿体無いというもの。

そこで今回は避けたほうがいい◯◯アピールをまとめてみました。




■不幸アピール

不幸アピールをする女性は比較的男子に避けられる傾向にあります。

親が離婚して…とか、男に騙されて…とか、こういった話をされると同情はされるものの「重いよ‥」と思われてしまうことが多いでしょう。

男性は比較的脳天気な方も多いのですが、さすがにこれはもう近づきたくないと思われてもおかしくありません。

このような不幸アピールは出来るだけ避けたほうが賢明です。


■体調悪いアピール

体調が悪いアピールをして、男性の気を引こうとする女性も中にはいます。

しかしこれで優しくしてもらったとしてもそれは「愛情」ではなく単なる「看護」です。

体調悪いアピールのしすぎは、男性からしたら引かれてしまう原因になってしまいがち。

出来れば元気な女性と楽しく過ごしたいと考えるのが男性のナチュラルな考え方と言えるでしょう。




■干物アピール

いくら美人であったとしても、干物アピールをしてしまっては勿体無いことこの上ありません。

むしろ美人であればあるほど、問題がある女のように感じられてしまうケースが多い模様。

私、◯◯年も彼氏いないんですよ…などと干物アピールをすることによって、男性は「そんなに売れ残りなのか…」と思ってしまうことがあるみたいです。

紐のアピール=純粋アピールのように勘違いしてしまわないようにしましょう。


■可愛いアピール

意外なのはこれ!巷でよくいう恋愛の「可愛いアピール」に対して男性はもはや辟易しています。

女性がよくいう「ただしイケメンに限る」というのは男性から女性にも当てはまるのです。

怒った時に「ほっぺたをふくらませる仕草」だったり、甘えたい時の「上目遣い」といった男に媚びる仕草は、もはや男性も熟知していたりするのです。

このような可愛いアピールは無理に行わないほうが良いでしょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は避けたほうがいい◯◯アピールをまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】