今までのテクじゃ通用しない?社会人男子をオトすための4つのテクニック!



高校生の時はいくらでも男子をオトせたのに、社会人になった途端オトせなくなった…そんな経験はありませんか?

年齢が進むに連れて、相手も求めるものが変わってくるわけです。

そこで今回は、社会人男子をオトすための4つのテクニックをまとめていきます。




■外見はあたり前!

高校生くらいのレベルの恋愛よりも、社会人レベルの恋愛のほうが質が高くなるのは当然のこと。

外見のかっこよさ、可愛さが比較的どうでもよくなってくるのが社会人の恋愛です。

というか、外見・身だしなみが最低条件となっていくわけですね。

外見をしっかり整えているのはあたり前、その向こう側で勝負がつくのです。

このあたりを踏まえて外見をしっかりしておきましょう。


■空気を読む力

外見はあたりまえ!という話をしましたが、その向こう側で重視されるのは一体何でしょうか。

やはり重要なのは空気を読む力であるといえるでしょう。

空気を読む力が無かったら相手の思うところをしっかり満たしてあげることが出来ないのです!

お互いが何を欲しているかを察しあう能力が、社会人にとって必要であるといえるでしょう。




■さりげない優しさ

相手が空気を読む力に長けている場合、さりげない優しさが非常に効果的。

自分のことばっかりの低レベルの恋愛と比較して、相手の気持ちを大事にする恋愛になると、さりげない優しさに気づいてもらえます。

高校生レベルの恋愛であれば、さりげない優しさ=あたり前となっている方も多いですからね。

気配り、配慮の能力が高まる社会人だからこそ、さりげない優しさがモノを言ってくるのです。


■小さなところで差が付いている?

外見の可愛さでモテていた過去の黄金時代を思い返し、外見をどんどん磨いていくというスタイルもあります。

しかし、今の時代では芸能人クラスに可愛い女性も非常に多くなってきているのです。

ある程度の水準を満たしてしまえば、男性からは「どの子も可愛い」で片付いてしまうのも事実。

小さなところで差が付いていることをしっかりと意識して、性格美人を目指す必要性があるといえます。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は今までのテクじゃ通用しない?社会人男子をオトすための4つのテクニック!と銘打って紹介していきました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】