聞き上手はモテ上手!聞くことを大事にするとめちゃモテやすくなるよ!



聞き上手はモテ上手!といいますが、聞き上手になると言われてもなかなか難しいもの。

そこで今回は、聞き上手になるためのテクニックをまとめていきますね。

ぜひ参考にしていただけると嬉しく思います。




■聞き上手になるためには?

聞き上手になりたい!と思ったところで、相手が話出すのをじーーっと待っているようであれば、ただの無口な人になってしまいます。

そこで聞き上手になるためには質問力を身につける必要があるのです。

いつ・どこで・何を・どのように・どうしたの?といった5W1Hの質問力を身につけることによって、相手もスラスラと話してくれることになるでしょう。

聞き上手は質問も上手なのです。


■あいづちをうつ!

相槌にかんしても聞き上手になるための必殺技です。

あいづちに関しても、「うん」「うん」と同じ相槌を打つのではなくてパターンを用意しておきましょう!

単語カードのようなものを用意して、覚えてみてもいいですね!

「すごい」「さすが」「それでそれで?」などといった相槌は効果的なものになります。




■相手の話に割り込まない

相手が気持よく喋っている時は、相手の話に割り込まないのが鉄則です。

いくら自分が話したくなったとしても、相手の話に割り込んでしまうことによって、せっかくの会話をぶった切ってしまう結果に…。

こうなってしまうと勿体無いですよね!

相手が話をしてくれているのであれば、だまってじっと聞いて、適切なタイミングで相槌を打つのがベストです。


■表情豊かに派手なリアクション!

これは少し高何度なので、慣れないうちは良いと思います。

しかし、リアクションは派手であれば派手なほうがいいでしょう。

楽しい話をしている時は自分も楽しそうに、悲しい話をしている時は自分も悲しそうな表情を作るのがポイントです。

派手に、大きなリアクションを使うのがポイントです。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は聞き上手はモテ上手!聞くことを大事にするとめちゃモテやすくなるよ!といった点についてまとめてみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】