夜のコミュニケーションが減ってきた時の男子の思考と対策をまとめました



いくら長く付き合っても、大事にしたい夜の営み。

そんなアレが減ってきた時の男子の思考パターンはどのようなものがあるのでしょうか。

少し確認してみましょう。

そして対策も公開していきます。




■飽きられた…

まず第一に考えられるのがこれ。

男性は傾向として、手に入れるまでは夢中になって手に入れてからは放置したくなる傾向にあります。

もしかしたら初めて会った時のトキメキを忘れてしまったのかもしれません。

これは残酷ですが充分にありえる可能性。

受け入れて対策をしていきましょう。


■疲れてる…

仕事で忙しすぎる!などの原因で疲れてしまっている、というケースも。

確かにここ最近はどこも忙しい会社が多いですもんね。

その上ストレスもたまるでしょうし、おつかれさまです。

疲れている時は、それを感じさせない工夫が必要です。




■面倒くさい…&興味がそれた

面倒くさい&興味が逸れたという状況もあり得ます。

これはゲームやTVなどに夢中になってしまって、そっち中心に生活したい!と思い込まれているパターンです。

出会った頃のことを思い出してもらえる工夫をしましょう。

以下に対策を公開していきますので、ぜひ活用してくださいね。

きっと役に立つはずです。


■3つのネックを解消する方法!

3つのネックを解消する方法として有力なのが「雰囲気を作る」ということ。

夜の営みにつながりやすい雰囲気を意識的に作ることで、恋愛感情を復活させやすくなります。

お風呂あがりのマッサージや、ディズニーデートなどもいいでしょう。

また、ドキドキするお化け屋敷やジェットコースターも効果がありそうです。

体と心は繋がっています、まずは行動から「出会った頃のこと」を振り返ってみてはいかがでしょうか。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は夜のコミュニケーションが減ってきた時の男子の思考と対策をまとめました。

ぜひマンネリを打開して最高の恋愛にしてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】