ダメンズ観察記!イケメンなのにダメすぎる4ポイント!



遠くから見たらイケメンで憧れていて、実際にデートにこぎ着けた。

しかし2人になってしまうと驚愕の事実が発覚しまくってゲンナリ…。

そんな経験はありませんか?

そこで今回はダメンズ観察日記としてイケメンなのにダメなポイントをまとめていきます。




■ワリカンかい!良いけど。

学生同士のデートであればワリカンであるのは別に不自然なことではありません。

しかし、そのワリカンもあまりに1円単位などであればちょっと引きます。

出してもいいんだけど「女子の前で格好つけたい」とかないのかな?と思ってしまいますよね。

せめて「3000円だから、2000円オレだすよ、1000円だけちょうだいね」とかだったら女子的にもOKだと思うんですけどね。


■え、私服ダサい…

私服がやばいほどダサいパターンもあります。

しかし、今となっては「ダサかっこいい」といったよくわからない言葉も生まれているようなので、判断は難しいかも。

自分の波長に合わなすぎる格好をしてこられると困る…ということですね。

確かに紳士肌着+おじさん腹巻きで来られたら困ります。




■えっ、そっちじゃないってば!

方向音痴すぎる彼。

しかも方向音痴のくせに自分がリードしないとイライラしてしまう‥という人いますよね。

女性がわが方向を熟知していた場合、特に困ってしまうわけです。

「いーんだよ!適当にいけばつくから!」などといって反対方面に駆け出してしまう人もいますから、気をつけたいところ。

初デートは歩きやすい靴が良いかもしれませんね。


■支離滅裂なんですけど…

会話が支離滅裂で飛びまくる彼。

これはもはや手がつけられません。

こういう男子は意外に多いみたいですね。

読解力、日本語力が落ちてきていると言われていますが、表現力も落ちてきていたりするようです。

あまりに支離滅裂、そしてトークがヘタ。

そんな彼には早めに見切りをつけたほうが良いのかも。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はダメンズ観察記!イケメンなのにダメすぎる4ポイントというところを確認してみました。

ぜひ参考にしてみてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】