スッピン好きを信じるな!うのみにすると危険な信号!



付き合いたてのころは、すっぴんでも可愛いね!とい言われることもあると思いますが、徐々にスッピンに慣れ過ぎるといろいろなデメリットが。

そこで今回はスッピンに関わるそんなデメリットを調べてみました。




■女を忘れる(自分が)

自分がスッピンであることになれてしまうことがとても危険だったりします。

女性は外見に関して特に気を使う生き物ですし、美しさはやっぱりひとつの指標。

スッピンに慣れすぎてしまうことで、自分でも気付かないうちに女を捨ててしまっている…なんてことになるのかも。

ふと我に返って鏡を見るとみすぼらしい自分…といった感じにならないように気をつけましょう!


■女を忘れる(彼が)

彼がスッピンでいいよ!と言うのに甘えて、実際に自分がずっとすっぴんだったらどうなるでしょうか。

彼はあなたの事を友だちであるかのように思い込んでしまうことも有りえるでしょう。

メイクをするかしないかは、自分が女性か男性か?といった境界線をしっかり相手に認識させる行為でもあるのです。

メイクに何時間もかけたりするのは論外ですが、軽いメイクは心がけたほうが良いようですね!




■すっぴんで萎えることも

男性には一度萎えてしまうと、そのまま別れたくなる…というケースも多いみたい。

その”萎え”が、すっぴんから来るものなのか、喧嘩からくるものなのかはわかりませんけど、もし彼がすっぴんで萎えてしまったら大変!

少なくともそういった可能性がゼロではないのであれば、出来るだけ萎えさせるポイントは減らしたいものですね。

ちなみに女性に幻想を抱いている男性ほど、萎えやすいのだそうです。


■誰でもノーメイクが好きなわけではない

付き合ってから一緒に住むまでの期間が短いカップルもここ最近は多いみたいです。

場合によってはスッピンを見せることで萎える→同棲しちゃったから手遅れ…となったりすることもあります。

同棲する前の段階でスッピンは見せる必要がどうしてもありそうです。

そして、スッピンを見せるのであれば、女性としての関係と同じく、人間同士としての信頼関係を結ぶ必要があります。




■おわりに

いかがでしたか?

スッピンみたいwと面白半分でいう男子は多いですが、これは実は女性としては死活問題。

トラブルに発展しないように気をつけましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】