理解してよ!から、理解したい!に変わると恋愛がうまくいく件。



恋愛や人間関係の絶対法則。

これが出来る人は”どんな相手でも幸せに出来る”し、出来ない人は”誰と付き合ってもだめ”といった法則があります。

それが、FOR YOU の精神。

自分のために、と考える心は人間関係を破壊するし、あなたのためにと考える心は愛を育みます。




■ダメな例1。モテないケース。

モテない考え方、ダメな例その1です。

その考え方は、「オレのものはオレのモノ、お前のものもオレのもの。」という考え方。

つまり、「私は私の幸せのために、あなたも私の幸せのために」という感じです。

この考え方をする方が最近は残念ながら増えてきてしまっているようですが、逆をいうとこの考え方から抜け出すことが出来れば、モテ率は確実にアップすることでしょう。


■ダメな例2。モテないケース。

モテない考え方、ダメな例その2です。

その考え方は、「オレのものはオレのモノ、お前のものはお前のもの。」という考え方。

一見普通のように思えますが、この考え方は相手との間に壁を作る考え方。

「私は私の幸せのために、あなたはあなたの幸せのために」という感じです。

これでは同じ道を一緒に歩んでいくことは、当然ながら出来ません。




■ダメな例3。モテないケース。

モテない考え方、ダメな例その3です。

その考え方は、「オレのものはお前のモノ、お前のものはお前のもの。」という考え方。

これは相手に尽くしているように見えますが、相手を調子に乗らせてしまう考え方です。

「私はあなたの幸せのために、あなたはあなたの幸せのために」といった感じ。

これでは尽くしているだけで報われず、いつ捨てられてもおかしくありません。


■GOODな例。モテるケース。

上記3点を踏まえて、良い考え方はたったひとつ、以下になります。

その考え方は「オレのものはお前のもの、お前のものはオレのもの」と互いに思うこと。

実際の所有物などに関してこの考え方を適用してしまうとたまにトラブルがあるかもしれませんけど、この考え方は

「私はあなたの幸せのために、あなたは私の幸せのために」という感じです。

こういった考え方をFOR YOUの考え方といいます。




■おわりに

人間どうしても自分が可愛いと思うところがありますから、自分のために!と考えてしまいがち。

しかし、相手のためにと思うことで、相手も自分のために尽くしてくれる。

おたがいが思いやれる、というのが万能の法則として成り立つことを忘れてはいけません。

FOR YOUの考え方を持った2人なら永遠にその愛が途絶えることはないでしょう。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】