女性が悪影響を受けやすい曲4選!(男性ドン引きのケース)



NO MUSIC NO LIFE!と、いうことで、音楽がないと生きていけない!という方も多いのではないでしょうか。

しかし、音楽に影響されすぎておかしくなってしまうと、男性にドン引きされます。

そこで今回は、音楽に影響されてない…?と男性が引きやすいパターン4選をまとめてみました。




■急に不機嫌になることがあります。訳を聞いても〜♪

急に不機嫌になることがあります。訳を聞いても〜♪

放っておくと答えないくせに放っておくと怒ります いつもごめんね〜♪

なんて、西野カナさんの歌に影響されて、こんな行動を男子にぶつけていませんか?

この曲を男性が知っていた場合、「なに?西野カナごっこしたいの?やめて。」と思われてしまうことも。

やりすぎると嫌われてしまうので気をつけましょう。


■会いたくて会いたくて”ガチで”震える〜♪

少し古いですが、これも西野カナさんの名曲から。

好きじゃない女性にこれをやられてしまったら、男性としては「こわいこわい、やめて。」となってしまいます。

物騒な事件も多いですから、そういった事件とかぶせられてしまうかも。

音楽と自分を重ねるのは楽しいことですがほどほどにしましょう。




■果たして彼女に〜既存の愛があるのかと〜♪

果たして彼女に〜既存の愛があるのかと〜♪

チックタック ウォーキンクローゼット隙間から問う所存です〜♪

と、シドの名曲がありますが、この曲に影響してウォーキングクローゼットのある家に強引に引っ越した女友達がいました。

さらに失恋ソングに影響されて別れたはいいものの、我に返って「あの時の彼氏と別れなかったらよかった…」などと言い出す始末。

失恋ソングには気をつけましょう。


■ありの〜ままの〜姿見せるのよ〜♪

ありの〜ままの〜姿見せるのよ〜♪

あるいは、

愛のままに〜ワガママに〜♪

こういった系の曲に影響されすぎて、圧倒的にワガママを振りかざすようになってしまい、彼氏にも友達にも愛想を尽かされた女性を何人か知っています。

ありのまま=わがままではありませんから気をつけましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は女性が影響されやすい歌を4曲まとめてみましたが、状況によっては悪影響。

悪影響にならないように、ある意味では冷静に音楽を捉えましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】