出会った頃のトキメキを忘れないために工夫すること!



出会った頃のトキメキを忘れたくない…と思う方は多いはず。

しかし、「よーし!忘れないぞ!うー!!!」と気合を入れたところで全く効果はありません。

そこで今回は、出会った頃のトキメキを忘れないために工夫することをまとめました。




■ありがとう!をちゃんと言う!

何かをしてもらったらありがとう!を言うクセをつけましょう。

最初の頃は頻繁に言っていたありがとうも、クセ付けなければ忘れてしまいがち。

こういった小さなところからだんだんと信頼関係が崩れてしまうこともあるのです。

トキメキを大事にするためには出会った頃の新鮮さを忘れない工夫が必要です。


■楽しみだね!と口にだす。

遊びにいくときは、楽しみだね!と口にだすようにしましょう。

こういった発言をすることで、自分の中でも楽しみ感が高まってきます。

逆にいつも何事もなかったかのように振る舞ってしまうと、何事もなくなってしまう流れになってしまいますから気をつけましょう。

楽しみだね!と口にだすことは意外に重要です。




■「一緒にいると楽しい」という。

一緒にいると楽しい!と日頃から口にするようにしましょう。

逆にこれを口に出さず、一緒にいるのが当たり前となってしまうのは危険です。

冒頭のありがとうにも繋がりますが、一緒にいると楽しい!と口にすることで、実際に楽しくなったりするもの。

そして、感謝の気持ちを忘れない自分を作ることが出来ます。

ぜひ活用していきましょう。


■恋を愛を見極める!

最後に重要なのはこれ!

恋を愛を見極める必要がありますね。

やはり、恋と愛に関しては色々と区分けが難しいところですが、愛になったらつまらない…と思ってしまい、本当に理想の人を逃がしてしまうケースもあるようです。

恋と愛を見極めて、愛の中に恋を見つけられる賢さを身に着けていく必要があります。

愛に変わってしまうと徐々にときめきが少なくなってくるのは仕方がないこと、と心得ましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は出会った頃のトキメキを忘れないために工夫することをまとめました。

特に、愛と恋との認識は難しいですが、自分でもアンテナを張っておけば気づけるものです。

愛の中に恋を見つけることが出来るようになれば一流の女性かもしれません。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】