好感度だだあがり!?相手との距離を縮める4つのメール活用法



メールやLINE、SNSは誰とでも気軽に繋がれるというメリットがありますよね。

この気軽さを利用すれば、相手との距離をスピーディーに縮める事だって出来ちゃうんですよ。

気になる異性の好感度をアップさせてしまうメールの活用法とはいったい何なのでしょうか?




■長文一回よりも短文で長く

一回のメールで伝えたい事を全て詰め込んでしまおうとしてしまう方をよく目にします。

しかし、相手との距離を縮めたいのなら、長文一回で済ませてしまうよりも、短文で長くやり取りする方が効果的なんですよ。

短文だと相手に負担をかけずにやり取りを長く続けられます。

しかも、やり取りが多いほど人間はその相手に対して親近感を持つという心理学的効果もあるのです。

気になる異性がいるなら、メールで頻繁にやり取りする仲になりましょう。


■相手を真似る

心理学にミラー効果というものがあります。

自分と口調や行動が似ている人に対して親近感が湧くという心理です。

メールをやり取りする時は、相手の口調を真似たり、同じような顔文字を使うと一気に距離を縮める事が出来ます。

LINEだったら、同じスタンプを使うのも効果的ですよ。




■メールだからこそ深い話を

メールで深い話をするのは、なんとなく抵抗があると感じていませんか?

しかし、メールだからこそ自分の内面をさらけ出せるという事もありますよね。

普段話せないような事を相手に打ち明ける事で、相手はあなたに対して特別感や親近感を感じ始めます。

メールだからこそ出来る自己開示をしてみましょう。

そうすると、相手もあなたに対して誰にも見せない一面を見せてくれるようになるでしょう。


■完結させない

これは少し高度なテクニックです。

メールで話を完結させず、途中まで話をして「続きは会った時に話すね」と話を未完成な状態にしておくのです。

人間は未完成なものに対して強い興味を抱く傾向があります。

話を完結させない事で、相手の興味を自分に惹きつける事が出来るんですよ。




■おわりに

どれも少しの工夫で簡単に出来ちゃうテクニックですよね。

しかし、今回ご紹介した活用法は全て心理学に基づいた効果抜群のものなので、ぜひ騙されたと思って試してみてください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】