部活内恋愛が燃えるけど危険な理由!



部活内や会社内、いろんなケースにおいて恋愛は燃えるもの。

しかし、その◯◯内恋愛には危険なケースもあるのです。

それでは早速確認してみましょう!




■どうあがいても叶わないケース

彼は部活をしに来ているのであって、女を追いかけにきているわけではない、というケース。

彼が活躍る立場にあればあるほど、その確率は高くなります。

彼にとっても自分のやるべきことを考えながら部活をしているので、女より部活!となっていることも多いようです。

そうなってしまっては女の子側が一方的に気になっていても恋は実りません。


■別れた後きまづい

こういった狭い空間での恋愛に対しては、別れた後がきまづい、というのも大きな要因になってきます。

これらをしっかりと考えていかないと、部活内恋愛は成就しません。

また、男子が多いスポーツ部などであれば特にですね。

もし別れたら、マネージャーが退部…とかになると、他のみんなは困り果ててしまいます。




■モテが集中する

スポーツ部にありがちですが、男子が多く、女子が少ない場合はモテが集中することが多々有ります。

あなたはA君のことが好きでも、A君の親友のB君があなたを好き+A君は部活に夢中…などとなってしまうとかなりの確率で成功しないことでしょう、

これはかなり切ないことになってしまうパターンです。

よくあるケースですけど、起こりやすいといえるでしょう。


■優先順位が逆転してしまう

一生懸命にやれるものが勉強にしろ部活にしろ、何かひとつでも無いと、女子力は衰えてしまうもの。

恋愛だけしか興味がない女性に魅力を感じる男性は少ないみたいです。

つまり、部活内恋愛では、夢中になって頑張っていることが示しにくくなるわけですね。

「恋愛じゃなくて部活頑張れよ…」となってしまう男子が多いみたい。

逆に部活を頑張っていれば、「こいつ良いかも…」となるケースがあります。




■おわりに

いかがでしたか?

今回は部活内恋愛のデメリットをまとめました。

ぜひ活用してくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】