同じ人を好きになった時ギリギリの勝負に勝つ方法!



好きな人が出来たと思ったら、友達とかぶってた…ということ、ありますよね。

その場合、自分が大人しく身を引くこともできるわけですけど、引くに引けない時だってあるわけえです。

そこで今回は、同じ人を好きになった時に、ギリギリの勝負に勝つ方法を調べてみました。




■状況把握

ライバル女と自分の立ち位置の違いを確認しましょう。

もし、まだ両方とも付き合っていないのであれば、まだまだチャンスがあります。

彼とライバル女の間を出来る限り「ただの友達」にするための策を講じましょう。

これが一番効果的!

そのためには友達を装ってライバル女にプレゼントをさせるなどもいいでしょう。

「その子が好きかなと思って」などといった口実で渡すのです。


■その時に選びたいモノ

彼からしてみれば、「他の女からもらったものをあげる」とはなかなか言いにくいもの。

その心理を利用しましょう。

これは「明らかに嫌がらせ」と思うようなものは効果大ですが、リスクもあります。

うわ、微妙…というようなものを送らせましょう。

そうすることで、「友達同士のプレゼント」を無理矢理成立させてしまうのです。

心理が友達に偏ります。




■彼と合う機会をライバル女より増やすこと

合う時間が取れないからといってLINEを送りまくるなどするのは、ただのかまってちゃんと思われてしまいます。

むしろウザがられてしまうケースも。

しかし不思議な事に、会う機会を増やしてしまえば、そこまで嫌な思いをさせないのが不思議な所。

やはり顔をあわせる機会が多いことが大事です。


■最後は性欲に訴える

超ギリギリの勝負であれば、実は後出しのほうが有利。

ライバル女より先に工ッチをしてしまうよりも、ライバル女と工ッチしたのを確認してから略奪したほうが効率がいいことが有ります。

これは男性の本能によるもので、女性をモノにしたい願望に訴えるものです。

いつでもするよ、という姿勢を見せつつ、なかなかしない…といったおあずけを繰り返しましょう。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はギリギリの勝負に勝つための方法を調べてみました。

ぜひ活用して奪い取ってくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】