その服装大丈夫?私服で女子をがっかりさせないための服装選びの4つのポイント



制服やスーツ姿はとってもカッコイイのに、私服になった途端、女子に恋愛対象外認定されてしまう男子が多くいます。

女子はいったい服装のどの部分を重視しているのでしょうか?

今回は意中の女子をがっかりさせないための服装選びのポイントを伝授いたします。




■清潔感があるか

女子は生理的に嫌悪感を抱いてしまうと、その人と同じ空間にいる事すら拒否してしまいます。

女子に嫌われないためには、清潔感のある服装を目指しましょう。

シャツが黄ばんでいたり、シワシワになっていたり、ズボンの裾を引きずってしまっていませんか?

不潔認定されてしまわないように気をつけましょう。


■サイズは合っているか

ピチピチのズボンやTシャツ、裾が短いズボンなど、サイズの合っている服を着ていますか?

女子はパツンパツンお尻や裾が足りてないズボンを素早く察知して笑いのネタにします。

女子の間で私服姿が笑いのネタになってしまうと、一発で恋愛対象外男子の烙印を押されてしまうでしょう。

服を選ぶ際は、今の自分に合ったサイズかどうかしっかり確認しましょう。




■チャラチャラし過ぎていないか

服装には小物やアクセサリーも大事な要素です。

オシャレを目指そうとしてアクセサリーを付けすぎたり、ゴツゴツしたネックレスや指輪を付けていると女子は近づきにくい雰囲気を感じてしまいます。

また、チャラチャラとした服装だと軽い男だと認定されてしまう危険性もあるのです。

アクセサリーをつける時は、ワンポイントで身につけるようにしましょう。

落ち着いた雰囲気の中にあるさりげないオシャレが女子のハートを鷲掴みにするのです。


■流行の最先端を行き過ぎていないか

こちらはおしゃれ男子がはまりがちな落とし穴です。

流行を押さえる事は大切ですが、オシャレを極めようとして最先端過ぎる服装をしてしまうと女子に不思議ちゃん認定されてしまいます。

先を行き過ぎるおしゃれは理解が得られにくいのです。

自分という物を押し通すのならそのままでも構いませんが、女子の受けを良くしたいなら、流行を追いすぎるのは控えておきましょう。




■おわりに

女子が男子に求めている服装はオシャレではありません。

案外女子受けがいいのは、シャツにジーパンという無難な服装だったりするのです。

懲りすぎた服装よりも、シンプルな服装の中に見えるキラリとしたセンスに女子はハートを持っていかれるのです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】