モテる男は聞き上手!女子のハートをがっちり掴む4つの会話術



男性と女性は会話に対する考え方が違います。男性は解決のために、女性は気持ちの共有のために会話をするのです。

男性の考え方で女性と話をすると大ひんしゅくを買ってしまいます。

モテる男が実践している「聞き上手」な会話スタイルとはどのようなものなのでしょうか?




■会話の節々で相づちを打つ

話しているのに、相手が無反応だと女子は本当に話を聞いてくれているのか不信に思います。

話しをしている時は、要所要所で「ちゃんと聞いているよ」というサインを送ってあげないと気持ちよく話が出来ないのです。

相づちを打つ事はまさしく話を聞いているというサインになるのです。

だからといって相づちを頻繁にしていると話を急かされていると思われ逆効果です。

正しい相づちは、相手が息つぎをしたり、目が合った時、話のまとまり毎に打つと良いでしょう。


■視線を合わせる

男子にありがちなNGの会話作法が「視線を合わせず」に会話するというものです。

スマホをいじりながら話をしたり、ゲームをしながら話を聞いていると、女子は「自分に無関心」だと思い込んでしまいます。

会話をする時は会話にだけ集中して、しっかり視線を合わせるようにしましょう。




■相手の言葉を復唱する

相づちは「話を聞いているよ」のサインになりますが、相づちだけだと女子は「適当に相づちを打っているだけ」だと感じてしまいます。

かといって話に割り込むと怒られるし、アドバイスをすればムッとされます。

そんな時に効果的なのが、相手の言葉を復唱する事なのです。

「この前服買ったの」と言われれば、「そうなんだ!服買ったの?」と相手の話を復唱してあげると女子はきちんと親身に話を聞いてくれていると安心できるのです。


■気持ちに同調してあげる

女子の心を掴めるかどうかはこの「気持ちの同調」に全て委ねられているといっても良いでしょう。

女子が会話をするのは、自分の気持ちを相手と共有したいからです。

彼女を満足させるためには、ちゃんと気持ちを受け入れてあげないといけないのです。

楽しい話ならば「そっか!それはすごく楽しかったね。良かったね」と悲しい事であれば「すごく辛くて悲しかったね」と気持ちに寄り添ってあげるのです。

これだけで女子は「私の事を理解してくれている」と嬉しい気持ちになるのです。




■おわりに

女子と会話する時に大切なのは、聞いている事を態度と言葉で示す事です。

本当に聞いているのかどうかが問題ではなく、聞いている姿勢が重要なのです。

本当の聞き上手とは安心してもっと話がしたくなるような気分にさせる事なんですよ。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】