未練の謎・・・失恋を辛くさせている4つの自己喪失とは?



大好きだった恋人とのお別れはとっても辛いですよね。

未練が残るのは、相手の事をまだ好きだからだと思っていませんか?

実は、失恋を辛く感じるのは、自分自身の喪失が原因なのです・・・




■肯定出来る自分が居なくなる

恋愛は最高の自己肯定できる場です。

誰かから愛されるという事は、自分の事を認めてもらっているという気持ちになりますよね。

しかも、相手にとってたった一人だけの存在だと言われれば余計に自分の存在を肯定的に捉える事ができます。

しかし、失恋してしまうとそれは一転して、自己否定へと変わります。

自信を失い、「ダメな人間だ」と自分を追い詰めてしまいます。

失恋が辛いのは、認めてもらえる自分を見失ってしまうからなのです。


■自分の存在価値を見失う

愛される事はとても安心できる事ですが、愛せる対象がいる事もなんだか自分の居場所が見つかったようなホッとした気持ちがしませんか?

恋人がいると、「自分は求められている」「必要とされている」と感じる事が出来ます。

恋愛は自分の存在価値を見出しやすいのです。

ダメ男に依存してしまう女性が多いのも、「私がいなくちゃ」という存在価値を感じられるからなんですよ。

ですので、恋人に依存している人ほど、別れてしまうと、自分の存在自体に価値を見出だす事が出来なくなり、心が居場所を求めて宙ぶらりんになってしまうのです。




■幸せな自分がいなくなる

恋愛をしていると幸せな気持ちでいっぱいになりますよね。

愛し愛されるって素晴らしい!恋愛バンザイ!と感じる時もあるかもしれませんね。

失恋すると恋人を失うのは当然です。

しかし、それと同時に幸せな自分も失うのです。

幸せだった自分を取り戻したいと思うから未練が残るのです。

必ずしも、相手の心を取り戻したいと思っているわけではないのです。


■自分の大切な宝物を失う

失恋を異常に辛く感じてしまう人は、恋人の事を自分の所有物のように感じている傾向があります。

自分の物だから乱雑に扱っていたのではなく、自分の大切な特別な宝物だからこそ丁寧に丁寧に可愛がっていたのです。

しかし、ある時、失恋という形で自分の大切な宝物が奪われてしまいます。

そうなると、パニックになりますよね。

泣き叫んだり、どんな手段を使ってでも取り戻そうとするでしょう。

失恋を辛く感じ、未練が残るのは自分の大切な宝物を失ってしまうからなのです。




■おわりに

未練を引きずっている人をみると、「元恋人に執着している」と感じますよね。

しかし、それは間違いで、実際には「元恋人と付き合っていた自分」に執着しているのです。

失恋から立ち直るには、あなた自身が自立して自分の幸せを自分で掴める人間になる必要があるのです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】