綺麗な花には刺がある?ビジュアル系バンドマン男子の危険性4つ!



綺麗な花には刺がある、といいますが、ビジュアル系バンドマン男子は危険な男子の代名詞。

そんな彼に恋したことはありませんか?

今回はそんなビジュアル系バンドマン男子について調べていきます。




■夢を追いかける姿!

自分の信念を持ち、夢を追いかける男性は魅力的に見えるもの。

自分の魅力を最大限に発揮するものが夢であることをよく理解している姿は、つい応援したくなります。

夢を持ちにくい世の中になってきてしまっていますので、特にそういう傾向は強いのかも。

自分に持っていない夢や世界を捉えている瞳は危険と希望に溢れています。


■女ったらしなところ

ビジュアル系バンドマン男子が全員女ったらしというわけではありませんが、競争率が高いのは確か。

競争率が高いからこそ、そんな彼氏を作ったらかなり鼻も高くなりますね。

女ったらしなビジュアル系バンドマン男子だからこそ、自分に夢中にさせたいという願望も燃えるというもの。

危険な花に恋をしたくなります。




■輝いている姿

ステージの上で歌ったり楽器を弾いている時のビジュアル系バンドマン男子は非常に魅力的。

まさに違う世界の人みたいに見えるものです。

そんなまったく違う世界に住んでいるかのような彼が自分のもの・・と思うとウットリするかもしれません。

かっこいいもんね。


■でも、恋すると危険だよ

でも、恋すると危険だよ。

そう、周りから指摘されることも、ひとつの刺激になるわけです。

ダメと言われれば言われるほど、好きになってしまう恋。

まさに禁断の恋って感じで盛り上がりますよね!




■おわりに

いかがでしたか?

今回はビジュアル系バンドマン男子に関しての特集をしてみました。

禁断の恋、憧れるなぁ〜。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】