女性必見!雨の日のオシャレはどうする?



女子会やデートがあるのに、そういう日に限って雨・・・なんてこと、よくありますよね。

ここでは、雨の日にやってはいけないファッションと、お勧めのファッションを紹介していきたいと思います。




■マキシ丈ワンピ or スカート

これは絶対にやってはいけないファッションです。

いくら傘をさしていても、膝から下は濡れてしまいます。

濡れるだけではなく、歩いたときに泥がついて取れなくなる可能性もあるので、絶対にやめましょう。


■ストッキング

一見大丈夫そうですが、これもアウトです。

肌色ストッキングだと歩いた時についた泥が目立つのはもちろんですが、雨粒がつくだけでも脚が汚く見えてしまいます。

黒色のストッキングの場合は肌色ほど目立ちませんが、やはり濡れた生地が脚に張り付いて、かゆみの原因となるのでやめておいたほうが良いでしょう。




■色のうすいTシャツ + デニム

動きやすいですが、これもアウト。

買ったばかりのデニムの場合は特に注意です。

色のうすいTシャツとデニムを一緒に洗濯するのと、同じようなことだと思ってください。

デニムの色が落ちて、Tシャツについてしまう可能性があるのでやめておきましょう。


■お勧めのファッションは?

逆にお勧めするのは、発色の良い色、派手な色を使ったファッションです。

雨の日は太陽が出ていないため、昼間でも暗くてどんよりとしていますよね。

そんな中、赤や黄色などのハッキリと目立つ色の服を着てる人はとても華やかに見えます。

普段は派手な色の服は着ない人も、雨の日だからこそトライしてみると良いでしょう。

「派手な色の服は持っていない」「持っているけど着る勇気がない・・・」そんな人もいると思います。

そういう人は、傘や長靴などの小物を派手めの色にすればOKです♪




■おわりに

いかがでしたか?

雨の日はついついオシャレに気を抜きがちですが、こういう日こそ、他の女性と差をつけやすいとも言えます。

どんな天気にも柔軟に対応できる、真のオシャレ女子を目指しましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】