キスしてほしいなぁ・・・と思ったとき、言葉ではなく態度で示す4つの方法!



女の子は基本的にいちゃいちゃするのが好きです。

大好きな彼とキスだってしたい…。

ふとした瞬間の彼の横顔が格好良くて思わずキュンとしてしまった、
なんていうことはありませんか?

「キスしたいけど、自分から言うのは恥ずかしい・・・」
という人のために、彼がキスしたくなる唇を集めてみました!

 



●唇を軽く開けてみる!

半開きになっている唇には「無防備さ」を演出する効果があります。

常に半開きだと「また口開いてるよ~(笑)」となってしまいそうですが、時には効果的な仕草とのこと!

力の抜けた感じの唇に色気を感じる人は多いそうです。

●唇を少し突き出してみる!

マンガなどでよく見るタコのような感じではなく、軽く、軽くを意識して少し唇を突き出してみましょう!

このとき、唇の先に力を入れるのではなく、全体的に出るようにします。

すると、少し厚みが出て色気のある唇になるとのこと!

 


●ピンク系の薄付きリップを塗ってみる!

テカテカ光るグロスは、あまりキスしたい!!と思われないようですが、ほんのりピンクの唇は人気があるようです。

男性からしても「ピンク」は可愛らしいイメージを持ちやすいので納得ですね!

あまりリップを塗りすぎても「うーん…」となることもあるので適切なバランスを意識しましょう!

●舌をちょい見せしてみる!

これはどちらかというと誘惑の動作に近いのかもしれません。

唇をベロベロ舐めては「なんだろ?」という印象を与えて終わってしまうこともありますが、唇の少し内側を舐めるのは効果絶大!

少しだけ覗く舌の動きにドキドキしてしまう男性は多いでしょう。

 


■おわりに

いかがでしたか?

ポイントは少し力の抜けた印象を与える可愛い唇です。

デートのとき、気合いを入れてグロスを塗るのも良いですが、おうちデートの時などは少し控えめにしても良いかもしれませんね!


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】