彼女の手料理がまずかったときの対応4つ



彼女の手料理がまずかったとき、どういう反応をしますか?

彼女がせっかく作ってくれたわけですから、正直に「まずい」とは言えないですよね。

ということで、この記事ではそういう時にお勧めの対応を紹介します♪




■「これもおいしいけど、もう少し○○な方が好きかな」

まずはおいしいといって彼女を喜ばせ、その後に自分の好みの味を提案することで、「もっとおいしく作れるようになるぞ!」という気持ちにさせる作戦ですね。

嘘をつくことにはなりますが、彼女を傷つけるリスクが少ないという意味では、最も良い対応なのかもしれません。


■「不思議な味だね」

嘘でも、おいしいとは言えないな・・・と思うこともあります。

そういうときは、「変わった味」「不思議な味」と表現しましょう。最大限のフォローですね。

これで彼女に「少なくとも、普通ではない味」だということを自覚してもらいます。




■「実はあまりが食欲ない」

これ以上は、どうしても食べられない・・・と思ったら、「今日はお昼(もしくは朝)多めに食べてきたから、実はあまりお腹すいてないんだ、ごめんね」と言いましょう。

無理してでも食べろ、という女性は基本的にいませんので、大丈夫です。

その代わり、残りの分をタッパーなどに詰め、「明日全部食べるよ」と言っておくと、彼女も安心します。


■「分量間違ってない?」

明らかにおかしいだろ!という味のときは、素直に「分量・・・もしかして間違えた?」と聞いてみましょう。

彼女はきっと味見します。

そしてだいたいの場合は「ホントだ、失敗したー!」となりますよ。

万が一「え?普通においしいじゃん?」という反応だったら・・・味覚が合わないのですね。

諦めるか、正直に「自分には合わなかった」と伝えましょう。




■おわりに

手料理がまずかったときの対応はなかなか難しいものですが、うまく対応できれば、彼女は「もっと頑張ろう!」と前向きになってくれるものです。

あなたの力で、彼女をもっともっと料理上手にしてしまいましょう♪
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】