はっ?これが?イケメンの定義が変わってきた模様!



現代社会において、ネットの普及や草食男子の増加により、イケメンの定義が変わってきている模様!

今回は変化するイケメンの定義に迫ってみます。




■不細工もイケメンもおなじこと?

アニメによって二次元ファンが増えた事によって、イケメンは二次元で満足、という女性が増えているみたい。

また、ファッションの多様化によって、奇抜なファッションと、奇妙なファッションの境目が曖昧になっています。

それによって、不細工でも「見方によってはオシャレ?」と錯覚してしまうケースが多いようです。

こういう錯覚なら陥ってもいいのかも?


■イケメン冬の時代…

不細工でも明るくて積極的な男子が前に出る事によって、イケメンで消極的な男子が敗北を喫するケースが増えてきているのだとか。

女性は根本的に押しに弱いところがあるので、男性はガンガンいくほうが結果的にモテるようです。

男性の消極化が進んだ今、”不細工でも努力をしている男性”がモテる傾向に!




■ゼネラリストよりスペシャリストの時代へ

なんでもソツなくこなすクールイケメンより、専門的な知識を持ったオタクに光が当たり始めている模様。

他の分野では叶わなくても、オタクは”そのジャンル”において徹底的な知識を持っています。

それによって異質な輝きを放つ男性が増えているみたい。


■脱・三次元化

二次元やコンピュータグラフィックの発達によって、これ以上無いイケメンが表現できる時代に!

したがって、3次元のイケメンの需要が落ちてきているようです。

脱・三次元化が進む事によって、女性の目が肥えてきているようですね。




■おわりに

いかがでしたか?

今回はイケメンの定義を再度見直してみました。

もしかしたら5年後のイケメンの定義はもっとすごいことになってるかも!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】