振り返ってみたら結構ある?!デート中の男性のコッソリ脈あり行動4つ



楽しかったデートが終わり、家に着いてから「大丈夫だったかな?」と不安になったりしませんか。

ここでデート中の男性が出す、コッソリ脈あり行動を4つ紹介します。

デートを振り返ってチェックしてみてくださいね。




■1.手をつなぐ、触れる、などの軽いボディータッチは あったか

手をつなごうとしてきたり、またはつないだ。

一緒に歩いている時に体に触れてきた、などなど、軽いボディータッチはありましたか。

男性が女性に触れてくるのは、「近くにいたい」という気持ちの表れです。

男性は好意を言葉で表現するのが苦手なぶん、ストレートに行動に表れます。

軽いボディータッチがあったということは、あなたの事が嫌いではないということです。


■2.よく目が合う瞬間があったか

男性は本能的に、好きな女性をついつい目で追ってしまうという習性があります。

目がよく合うと言うことは、それだけ見られていた時間が長いということでもあります。

目が合う瞬間が多いほど、好きな対象として見られているということになりますね♪




■3.先回りして引っ張ってくれたか

言葉で好意を表現することが苦手な男性の多くが、行動でストレートに好意を示すことが多いのだそうです。

あなたが行こうとする場所に先回りで待っていてくれた り、何かとリードしてくれるなどあなたを引っ張ってくれる場合は、好意があると受け取って良いでしょう。

デートの段取りをきちんととってくれているのもそれに入ります。

とにかく好きな女性の前では格好悪い姿は見せ無くないという男性がほとんどですから、先回りして引っ張ってくれるのは、あなたに気に入ってもらいたいという気持ちもあるのです。


■4.自分の話ばっかりだったか

男性が「好きな女性の前では格好悪い姿を見せたくない」という点の延長です。

自分を良く見せるため、自分の話、特に自慢話が多くなります。

女性に「俺はこんなにすごいんだー!」という所を見てもらいたいというわけです(笑)。

自分の事を知ってもらいたいというこの行為は、好きな女性の前だからこそです。

振り返ってみて、彼の会話内容を思い出してみてくださいね。




■おわりに

いかがでしたでしょうか。

デート中って緊張したり舞い上がってしまったりで、帰ってきてから「しまったー!」と思うことが多いものです。

でも、この4つの男性のコッソリ脈あり行動を振り返ってみると、「あれ、私大丈夫かも」と思う点があるはずですよ。

ちょっと良い感触があったかも…と思ったら、あまり不安になりすぎて重たいメールやラインを送ってしまわないように、どーんと構えていてくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】