デート後のお礼メールに加えたい4つのフレーズ



楽しかったデートが終わり、お礼のメールやラインを送ろうと思ったあなた。

どんなメールやラインにしましょうか。

どうせなら、「また会いたいな」と思ってもらえるメールやラインが良いですよね!

デート後のお礼メールに加えたい4つのフレーズを紹介します!




■1.すごく楽しかった

これは基本中の基本ですね。

「今日はありがとうございました!すごく楽しかったで す!」

まずはこの一言から始めましょう。

その後に「○○さんが言っていた、○○が面白かった」とか「ずっと気になっていた映画を○○さんと見られたのでサイコーでした」など、楽しかった場面を回想できるような一言を添えると、相手も楽しい気持ちを思いだして、心地よさを感じる文章にすることができます。


■2.嬉しかった

これも言われて嬉しくない人はいないフレーズです。

「○○さんが○○してくれたとき、嬉しかった」や、 「○○さんと一緒に過ごせて嬉しかった!」など、相手の名前を入れた文章にすると、読んだ方も親近感が湧きます。

相手にしてもらったことで、嬉しかったことを述べて、 「○○さんて優しいんですね!」など、誉める言葉でもう一押しするのも良いでしょう。




■3.安心した

安心した、と言われると言われた方も安心する不思議。

「初めての場所だったけど、○○さんと一緒だったから安心でした♪」など、一緒にいてくれたおかげで安心だった、というニュアンスを含めることが大切です。

その他、「沈んでいるように見えたかもしれないけれど、それは緊張しているせいで、○○さんがいてくれたから本当は安心でした」など、上手く行かなかったかも…なデートのフォローにも使えるフレーズです。


■4.一緒だと元気が出る

あなたと一緒だと元気が出る!なんて言われたら、自分は楽しませることができたんだな、と自信をもつことができますよね。

この「一緒だと元気が出る」フレーズを入れることで、奥手な相手でも、次回のデートに誘いやすくなります。

このフレーズを使うときは明るい絵文字を使って、より元気な感じを出しましょう。

「○○さんと話していると、元気をもらえて、気持ちがウキウキします」、「○○さんと一緒に過ごしていると、元気が出て、明日も頑張ろうって思えました」などなど、元気が出た結果、自分はどうなったのか、ポジティブワードで締めくくるようにしましょう。




■おわりに

いかがでしたでしょうか。

デート後のメールはその日のうちに返すのがお約束だそうです。

この4つのフレーズを使って、相手の気持ちを掴んで離さないメールやラインを送ってくださいね!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】