もっとかわいく写りたい!「写真写り」がよくなるワザ6つ♡



こんにちわ♪

最近、どこに行ってもスマホを片手に写真を撮ったり、カメラブームで昔より写真を撮る人が多くなりましたよね!

自分にカメラを向けられたとき、いつでもかわいく写りたいですよね・・・。
いつも写真写りが悪くて悩んでいる人も多いはず!

そこで今回は、写真写りがよくなるちょっとしたワザを6つご紹介します♪




■1.自分が一番かわいく見える角度を知る

鏡の前でいろいろ試して、自分が一番かわいく見える角度を探しましょう。

カメラを向けられたとき、その角度で撮れるように練習しておくといいでしょう♪


■2.自分の魅せるポイントを知る

例えば、歯並びがいい人は、ニコっと笑ったときに歯が見えるように撮りましょう。

目が大きい人は、目をぱっちり開けて写る練習をしましょう。

自分のチャームポイントは、知っておくと武器になりますよ!


■3.自分が一番かわいく見える髪形を研究する

髪型ひとつで、だいぶ写真写りが違ってきます。

また、小顔に写るかどうかで一番大事なのが、あなたの髪型です!
自分が一番かわいく見える髪形が分からないときは、ぜひ美容師さんに相談してみましょう。




■4.回数をこなす

自撮りでもいいので、撮られることになれましょう。

そうすると大体自分のキメ顔が分かってきますよ。
自分から積極的に「写真撮ろうよ!」と声をかけてみましょう!


■5.メイクにメリハリを

アイラインとリップカラーを濃くしたり、メイクにメリハリがあったほうが、写真写りが良くなります。

写真を撮るときは、のっぺりとしたメイクではなく、顔立ちがハッキリと見えるようなメイクを心がけましょう!


■6.笑顔を作れるように

歯を見せて自然な笑顔にするには、下唇を軽くかみながら下歯の裏に舌を押し付けます。そして頬を持ち上げるようにして笑います。

笑顔は作れるようにしましょう!
作れないときは、好きなものを頭に浮かべて笑顔になれるようにしましょう♪




■おわりに

いかがでしたか?

ぜひ写真写りを良くして、思い出の写真をたくさん増やしちゃいましょう^^
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】