たったの5分!お腹をぺったんこにする4つの方法♡



こんにちわ♪

露出の増えるこの時期、お腹が気になるという人も多いはず・・・。
確かに、ぽっこりしたお腹だと体に自信がなくなっちゃいますよね!

でもなかなか痩せない

今回は、そんな悩めるお腹をぺったんこにする簡単な方法をご紹介します!




■1.便秘を解消させる

お腹に便が溜まると、お腹はポッコリしてしまいますよね!

まず、便秘を解消させることから始めると効率よく、ぺったんこなお腹を目指せます。

朝起きたら、食物繊維の多いものを食べたり、水分を頻繁にとったり、ヨーグルトなど腸内環境を整えるものを積極的に摂取するようにしましょう。

また、適度な運動も腸内活動を活発させ、便秘解消には効果的なので、運動はかかさないようにしましょう♪


■2.筋力をつける

お腹の脂肪は腹筋だけでなく、腰まわりや背中の筋肉にも影響されることをご存知でしょうか?

筋力をつけて代謝を上げ、お腹の脂肪を落としやすいようにトレーニングしましょう。

オススメのエクササイズとしては、腹筋やスクワットを時間をかけて行う、スロートレーニングです。
ゆっくり動かすことによってより筋肉をより使うので、効率的に筋力をつけることができます。




■3.姿勢を正す

2の筋力をつける方法として、姿勢を正すという方法があります。
我々が姿勢を正しているとき、お腹や背中、腰などのたくさんの筋肉を自然と使っています。

また、背中を丸めるとお腹の筋肉も緩んできますので、次第にお腹がぽっこりとして見えるようになります。

姿勢は、いつも正すように心がけてください。


■4.骨盤をゆがまないようにする

骨盤の周囲にある腸腰筋と呼ばれる筋肉が衰えることもお腹ぽっこりの原因なのです。
その筋肉が衰えてくると、それによって支えられていた内蔵が下に下がってきます。
内臓が下に下がってくると、ポッコリとしたお腹になります。

脚を組んだり、横向きに寝たり、骨盤がゆがむような動作はやめましょう!




■おわりに

いかがでしたか?

以上のことを実践して、気になるお腹ぽっこりのストレスから開放されましょう!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】