いい人止まりを脱出!女性を恋愛モードにさせる4つの変身術



みんなから好かれるのになぜか恋愛対象になれない男性っていますよね。

いい人を脱出して女性を恋愛モードにさせるのにはどうすれば良いのでしょうか?

実は今の状態からプチ変身をするだけで一気に恋愛対象として意識させる事が出来るのです。




■ノーと言える芯の強さを身につける

いい人止まりの男性って良くも悪くも何事にも柔軟に対応出来ます。

自分の意見を主張するよりも、相手の意見を尊重して、お互いに不快な思いをしないように配慮する事が出来るのです。

しかし、それは言い換えれば自己主張が弱いという欠点にもなります。

何に対しても「イエス」と言える人は敵を作りませんが、人々の関心を引く事も出来ないのです。

女性は自分の思い通りになる男性に魅力は感じません。「ここは譲れない」という芯の強さを持ち、ダメな事に対してちゃんと「ノー」と言えるようになる事で男性としての魅力が出てくるのです。


■行動に意外性を持たせる

いい人と言われる男性は感情や行動が安定している傾向があります。

自分勝手な行動で他人を振り回す事がないので「危害を加えないいい人」になるのです。
でも、安定していて変化のない人って退屈ですよね。

恋に落ちる時って心が揺さぶられる出来事が必ずあります。

恋愛対象として意識してもらいたいのなら、時には大胆に行動したり、女性がドキッとするような強引さを見せるようにしましょう。

行動に意外性を持たせて相手に新鮮な驚きを与えるのです。




■怒りを表現する

いい人が怒る所ってあまり見ないですよね。相手の失態を許せてしまう懐の深さや争いの回避を第一に考えているからこそ怒りを表に出さないのですが、それがあだになってしまう時もあるのです。

人は悪い事をすると「悪い事をした」という自覚があります。それなのに相手に怒られないと「私には無関心なんだ」と勘違いしてしまうのです。

人間は怒られたいという欲求もあるのです。

怒りを感じた時はきちんと怒りを表現しましょう。それだけで一気に人間味が出て、親近感が沸いてくるのです。


■積極的に行動する

いい人止まりの男性は自分からアクションを起こす事があまりありません。

平和な人間関係の構築を優先するので、受け身に回る事が多いのです。

しかし、恋愛でも受け身のスタンスを取っていると女性はちっともドキドキしません。

女性は男性から何かしらのアクションを取ってくれる事を望んでいるのです。

「ちょっとは手を出されてみたい」「たまには強引に押して欲しい」と思うのは男性の積極性で自分の女性としての魅力を計っているためです。

意中の女性がいるのならば、後手に回らずに積極的に行動する一面も見せていきましょう。




■おわりに

常に平和的な解決を模索できる「いい人」の人間性の良さは誰もが認めるものです。

しかし、怒らない・主張しない・感情の起伏がないというように人間味がなさ過ぎると人は関心を持てないのです。

今回ご紹介したプチ変身術で人間味をつけて、いい人止まりの男を卒業しましょう。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】