男が釘づけ?セクシーさで魅了するファッションコーディネート6つ



男性なら、セクシーなファッションの女性を見ると一瞬「おっ」と目が行ってしまうもの。

そんな感じになってる男性を見た事はありませんか?

やはり女性の魅力としてはセクシーさは重要なファクター。

そこで今回はそういった部分を意識しつつも、やりすぎにならないファッションとしてバリエーションを調べてみました。




■1:シースルーブラウス

シースルーのブラウスは肌色面積をある程度抑えるとやりすぎなコーディネートになりにくいです。

肌色面積は4割程度が理想的とのこと☆

シースルーアイテムは肌色じゃないのにセクシー感が出るので、肌見せファッションにはとても効果的。

露骨に見せすぎないのがポイントのようです。

シースルーぐらいが男の妄想力を強く刺激してくれるみたいです。

■2:レース素材アイテム

これもシースルーと同じで、肌見せなのに肌色じゃないパターン。ちょっと隙間から見える肌色が良いですね。

レースという素材は女性の魅力を引き出してくれます。

肌色を見せずに肌色を思わせるのが重要なポイントとのこと。

「見えそうで見えない」チラリズムを意識してみると良さそうです。

■3:ダメージデニム

やはりこちらもチラリズム。

ショーパンで若干ダメージの入ったデニムからのぞく素足に男子は「おおっ!」となりやすいようです。

ツボに入りやすいダメージデニムな男性から見れば本当にドキドキするもの。

是非取り入れてみたいですね☆




■4:ショートパンツ

ショーパンは夏の定番アイテムですが、露出の控えめなトップスとあわせると、ほどよくアピールできます。

トップスも露出が多くなってしまうと、軽く見られがちだったりすることもあるようなので、バランス配分を意識しましょう☆

■5:オフショル

デートの時はやっぱり「肩の肌見せ」ですね。

食事の時、テーブルに座っていると下半身は見えませんから、上半身のコーディネートでアピールするのが効果的です☆

食事に誘われたときには肩が見えるようにして、男性の視線を集めましょう。

きっと「あぁ~、セクシーだなー」と夢が膨らむはず!

ボトムスで上品に見えるように調整すればバッチリです。


■6:タイトなシルエットの服

肌自体を見せず、全体のシルエットで勝負するのも有力なテクニックです。

ピタッとしたTシャツやデニムは体のラインが見えて魅力的に見えやすいもの。

自分のボディラインに自信を持てないとなかなか採用する勇気が出にくいかもしれませんが、
こういったファッションで「見られている感」を自分に与えると、歩き方や美容生活に変化が出るかもしれませんね☆



■おわりに

いかがでしたか?

やりすぎると逆効果なちょいエロファッションですが、うまく取り入れると効果てきめんですね!

今までこういったファッションに興味が無かった方も、少し取り入れてみてはいかがでしょうか☆



あわせて読みたい


【スポンサーリンク】