心の豊かさは、人を美しく見せる!



ご高齢女性を美しいと思った事はありませんか?
ユックリとした動作、豊かな包容力のあるほほえみ。
頼りがいのある経験と、やさしさが顔立ちに現れているような美しい高齢女性。

白髪に笑顔を作るシワさえも美しく感じます。
そんな女性に憧れませんか?




■溢れる人柄は、1日にして成らず!

どんなに若く、スタイルが良く、美人、服のセンスが良くても、にじみ出る美しさには敵いません。
それに気づかないのなら、まだまだ経験不足なお子様なのでしょう。

しかし、それを知らずに生活していては、損です!
年を重ねて、ふと鏡を見た瞬間に厚塗りの化粧でも誤魔化せない顔が目の前にある!
なんてことになりかねませんよ?

美しくあるための気持ちの持ち方を心がけていきましょう。


■人と自分を比べるのは辞めましょう!

例えるならば、ずっと好きだった人が、自分の嫌いな人と恋人関係になっていたら?
あの人より、私の方が~と続く様々な言葉で自分と相手を比べてしまうものです。
好きだったのですから、仕方がありません。
失恋ソングでも力いっぱい歌い吹っ切ってください。

自分が不幸だという気持ちに、長い期間囚われないでください。
自分より不幸な人を見て救われ、思わず出る笑みは醜悪です。
そして、気が付いた瞬間に自分がとても惨めに感じてしまうものなのです。

人を妬んだり恨んだりすると、自然とその表情が表に出てしまい周りとの関係が悪くなります。
幸せな笑いシワがあるように、醜悪にゆがんだ表情を作り上げてしまうシワもあるのです。
そのようなシワは表情筋によりつくられるため、年齢に関係ありませんので気を付けてくださいね。




■幸せは、自分自身で作りだすものです

楽しい事やうれしいことを自分で作りだしてください。
綺麗な花を見て、綺麗だなと心を動かせば良いのです。
雨の日が憂鬱ならば、少し高価な自慢の傘を買えばいいのです。

心豊かに生きれば、自然とほほえみが湧き優しい顔立ちになっていきます。





■おわりに

自分が幸せであってほしいと願う人の幸せを願ってください。
自分が好きだと思う人が困っているなら、話を聞くだけでも構いません。心の負担を減らしてあげてください。

感受性が豊かで、優しいあなたに魅力を感じない!!なんて人はいないハズです。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】