実は…男性が夜の時間に思っている4つのこと!



カップルが一緒に過ごす夜の時間。

でも、日本人がシャイなのもあってお互いに不満があったり言いたいことがあっても口に出せないという人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、男性が夜の時間にこっそり思っている本音についてご紹介します。




■1.彼女とはできないけど試してみたいことがある

男性は思春期ごろから性に目覚め、そこからは仲間内でちょっと工ッチなビデオやマンガを見ていろんな情報を得ています。

女性が思うよりももっとたくさんの情報を入手しているものなのです。

それによっていろんな試してみたいことややってみたいことが生まれてくるのは多少仕方のないこと。

もしカレと話せるような間柄なら、「何か試してみたいことない?」と聞いてみてもいいかもしれませんね。


■2.もうちょっと恥じらいを持ってほしい

男性は視覚で興奮する生き物。

中でも彼女が恥ずかしがっている姿がとても好きなのです。

ですから、どんなに仲良く付き合いの長い二人でも恥じらいは忘れないようにしましょう。

服を脱ぐときやいざというときには適度に恥ずかしがって相手の気持ちを高めてあげてくださいね。




■3.もっと声を出してほしい

普段から恥ずかしがってあまり声を出さない女性も多いかもしれません。

夜遅くになると隣近所のことも気になってしまいますから仕方のないことですよね。

でも、声を出すのがためらわれるのであればほかの部分でもっとリアクションをしてあげましょう。

息遣いや体の動きでリアクションすると男性ももっと興奮しますし、お互いに気持ちが高まりますよ。


■4.ニオイやムダ毛が気になる

ちょっと残念なのが、ニオイやムダ毛が気になっているという本音。

男性って意外とメルヘンな部分もあって、女性の肌はムダ毛のないツルスベ素肌じゃないとイヤだという人や、女性は常に無臭な生き物だと思っている人も。

女性側からしたらそんなのは幻に過ぎないのですが、男性はニオイやムダ毛が気になるとなかなかその気になれないデリケートな生き物。

ケアは入念に行うようにしてくださいね。




■おわりに

なかなか言えない夜の本音。

お互いに気を遣って何も言えなくなるのではなく、少しずつ本当のことを話せる仲になっていきましょう。

ニオイやムダ毛は相手が気になる前にケアしておくのがベストですが、お互いの趣味嗜好の話もありますから言える環境作りを心がけてくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】