浮気されたけどやり直したい…再構築のための4つのヒント!



浮気されてとても悲しいし、悔しいのにカレのことがまだ忘れられない、まだ好き…。

そんな複雑な気持ちを味わった人も多いのではないでしょうか。

悲しい気持ちでいっぱいだけどカレとの関係は終わらせられない人へ、今回は再構築のためのヒントをご紹介します。




■1.カレに「思い出して文句を言っても怒らない」と約束してもらう

浮気されたあと、しばらくはそのことを思い出して情緒不安定になってしまうことが多々あります。

生理前の不安定な時期だったり、色々と立て込んでツライ時だったり…しかしそれは仕方のないこと。

確かにそれをぐっと我慢できればいいのですが、そんなことをしていてはあなたの身が持ちませんしツライだけ。

カレに原因があるので、「思い出して文句を言うことがこの先あるかもしれないけどいい?」と確認を取っておきましょう。


■2.思い出してしまうときには連絡を取らない

もし、そんな約束なんてできないと言われてしまったり切り出すのが怖い場合には、連絡頻度の調整でその場をしのぎましょう。

というのは、浮気のことを思い出してしまったらしばらくは連絡を取らないようにするということ。

あなたも怒りをぶつけてしまうくらいなら顔を見ないほうが心落ち着いていられるはず。

うまく距離を取って落ち着くまで調整しましょう。




■3.次浮気されたら別れる決心を固める

浮気はクセになってしまう男性が多いので、2回目があったら別れるという決心を固めて再構築を始めましょう。

何度浮気されてもカレにしがみつくようでは、いつの間にか彼女ではなく都合のいい女になってしまいます。

まずは自分としっかり向き合って、次浮気されたら本当に別れることができるのか考えてみましょう。

一度なら間違いということもありますが、2回目されたらあなたは本当に大切にされていないということですから付き合っている時間がもったいないですよね。


■4.浮気した理由は敢えて聞かないほうがいいことも

浮気された理由を聞いてしまう前に、気を付けなければならないことがあります。

浮気する理由は人それぞれかもしれませんが、敢えて聞かないほうがいい可能性も。

あなたに対する不満の中でも、あなたのコンプレックスをえぐるような理由が出てくるかもしれません。

好きな男性にコンプレックスをなじられると立ち直れなくなってしまったり、ことあるごとに思い出して自信を持てなくなってしまうことがあるので注意してください。

ちょっとした出来心や相手の押しが強くて…という理由ならまだしも、あなたが余計に傷付く必要はありません。




■おわりに

今回は再構築を目指す時のヒントをご紹介しました。

浮気されてツライ気持ちはわかりますが、一度再構築すると決めたのであれば自分なりに区切りをつけてやっていくしかありません。

気持ちを切り替えるためにも、深追いしすぎるのは避けたほうがいいかもしれませんね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】