距離に負けない!遠距離恋愛を長続きさせる秘訣・4つ!



近くにいる時はラブラブだったのに、遠距離になった途端に気持ちが続かず別れた…という人も少なくないはず。
遠距離恋愛は恋愛関係の中でもハードルが高い部類と思われがちですが、カップルがやるべきことをしっかりやっていれば、むしろ関係を安定させることができます。

今回は、遠距離恋愛でも2人の関係を長続きさせる秘訣を4つご紹介します。




■マメにメールや電話をする

遠距離恋愛で、マメに連絡をとることは必須です。
相手が近くにいない分、相手の状況もわかりずらいですし、自分の状況も相手にわかってもらうことはできません。ですからメールや電話を活用しましょう!

直接顔を見て話せるSkypeやフェイスタイムを利用するのもオススメ。その際は自分のネタばかりをダラダラしゃべるのではなく、相手の話もしっかり聞くように気を付けましょう。

「お疲れ様」「いつもありがとう」などのねぎらいの言葉をきちんと伝えることで、相手もあなたとの連絡を「負担」と思わずに済みます。


■結婚ありきで付き合う

結婚前提で付き合っているかそうでないかによって、カップルの安定感は違ってきます。

結婚=ゴールではないものの、遠距離恋愛の場合は、少なくとも結婚が遠距離恋愛の終着点になることは間違いありません。

ですからこのようなカップルは、「今は一時の間離れているけど、いつかは一緒になるからこの時間もしっかり楽しもう」というスタンスで遠距離恋愛を乗り切ることができるのです。




■今のこの時間を活用する

遠距離恋愛の場合、相手が近くにいる時ほどしょっちゅう会えるわけではありません。
これはポジティブに考えてみると、自分の時間がたくさん持てるということです。以前はデートに費やしていた時間を、今度は自分磨きや趣味、仕事に使ってみるのはいかがですか?

何かに打ち込むことによって、寂しさも紛らわせますし、充実した時間を過ごすことができます。


■家族に紹介する

これはやや強引な方法ですが、お互いをお互いの家族に紹介することによって、2人だけの関係ではなく、家族がらみの関係という風に意識することができます。

両親公認のカップルなら、ある程度の「責任感」が生まれるので、誰も気づかないうちに2人の関係が終わってしまったという状況を避けることができますし、別れを踏みとどめるものにもなります。

久しぶりのデートで恋人に会う時は、恋人の家族にも会うようにしましょう!




■おわりに

いかがでしたか?
遠距離恋愛はデメリットしかないと思われがちですが、うまく活用すれば有意義な時間を過ごせる期間にもなります。遠距離恋愛で2人の関係が強くなったというカップルはたくさんいます。
現在遠距離恋愛中という人も、これから遠距離になるという人も、お互いにバランスをとり合いながら、遠距離恋愛をエンジョイしてください!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】