カワイー!彼をキュンキュンさせちゃうキスの仕方!



みなさん突然ですが、彼といっぱいキスしてますか?軽いキスからディープなキスまでやり方は様々ですが、せっかくキスするなら大好きな彼をもっとキュンキュンさせてみたいですよね!

今回は彼が「カワイー!」とキュンキュンするキスのポイントをご紹介したいと思います。

■リップはうるうるに!

基本中の基本ですが、キスをする前にもう一度自分のリップが潤っているか、確認してください。ガサガサのリップでは彼もげんなりしてしまって、キスしたくなくなります。

リップを舐めて潤そうと思っても、唾液のせいで逆効果になってしまいますので、保湿力の高いリップクリームをしっかり塗りましょう。
また、ギラギラのグロスを嫌う人もいるので、グロスを付ける場合は控えめに!

はちみつと砂糖を混ぜたスクラブをリップに付け、ラップで5分ほどパックするとリップも潤い柔らかくなりますので、デートの前日はこのリップパックで入念に準備しておきましょう。

■とにかく恥ずかしそうに!

ここからいよいよキス本番ですが、まず最初に、キスをして唇を離した後、とにかくなんでもいいので恥ずかしがってください。照れ笑いしながらうつむいたりする「恥じらい」に彼はキュンとします。
日本男子はいつの時代もこの「恥じらい」を忘れない奥ゆかしい女性が大好きなのです。

その後「好き」「もう一回」などの一言も、彼がキュンとすること間違いなしですよ。

■ぎゅーっとしがみつく!

最初は軽いキスでも、だんだんディープなキスに…という展開はよくあるものです。
このディープキスの段階で、彼の服をぎゅーっとつかんでみてください。つかむ場所としては、彼の背中あたりがベストです。

彼の体に直接しがみつくよりも、あえて服をつかんだほうが、「一生懸命感」が伝わります。同時に「慣れてない感」も演出できるので、健気な彼女に彼はキュンキュンしてしまいます。
きっと彼のほうもぎゅーっとハグしてくれますよ!

■舌は柔らかくを意識して!

濃厚なディープキスなのに、舌がガチゴチではムードも台無しに。彼女のほうは、舌の位置を気にするのではなく、舌を柔らかくキープすることを意識してください。

彼の動きに合わせようとして舌に力が入ってしまうと、どうしても舌が硬くなってしまいます。舌に力を入れずにキスしましょう。
彼もあなたの柔らかい舌の「感触」にキュンとするはず!

■おわりに

いかがでしたか?
キスで彼をキュンとさせるのに、難しいテクニックは必要ありません。ポイントは「健気な感じ」を演出すること。
大好きな彼だからこそ、もっといっぱいチューしたい!という人も、どれも簡単な方法なので、ぜひお試しください!

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】