禁断の恋のプロローグ!?好きになっちゃいけない人を好きになった時の処方箋!



既婚者の男性や友達のカレ…そんな手の出せない相手を好きになってしまったとき、あなたならどうしますか?手も出せないし、出したら多大な損害を被ることもわかりきっている、でも止まらない。そんな恋をしてしまった人のために、今回は好きになってはいけない人を好きになった時の処方箋をお届けしたいと思います。




■1.その人が「既婚者」や「友達のカレ」でなかったら?

まずはその人が持つ何に惚れているのか考える必要があります。

既婚者だから魅力的に見えたり、人のものだと思うから私の方を見てほしいと思うのか…。
中には人のモノだと思うとどうしてもほしくなってしまう人もいます。

でも、それはきっと本人にもどうしようもない何かが植えつけられてしまっているのです。
誰にも攻めることはできません。

まずはその「好きになってはいけない理由」がなかったら、自分はカレを好きになっているかどうかを考えてみましょう。


■2.奪ったとき、あなたは何を手に入れるかを考える

もし意中のカレが妻帯者であったり、すでに誰かの恋人である場合。
そんなカレとの恋が成就したらあなたはいったい何を手に入れるでしょうか。

カレの愛を手に入れることができても、その代りに周囲からの評判や社会的信用、友人との絆や下手したら社会的地位までも失ってしまう可能性がありますよね。

それらを天秤にかけ、どちらを取るか選択しましょう。




■3.奪うと決めたら妥協してはダメ

もしいろんなことを考えて「それでもほしい」と思ったら、全力で奪いに行っていいでしょう。

ただし、それがうまくいくか否かは自己責任です。
周囲で応援してくれる人がいるかもわかりません。

でも、だからと言って中途半端に手を出すようでは誰も幸せになれません。

あなたはあくまで自分の幸せにだけ責任を持てばいいのです。
自分がどうしたら幸せになれるかだけを考えていいのです。奪うと決めたら全力投球してください。


■4.立場的に好きになってはいけない人だったら

たとえば学生時代に先生を好きになってしまった経験はありませんか?

そういう種類の「禁断の恋」ならば、まだ打つ手があります。
立場的な禁断の恋は、いつかそれが解消されるときが必ず来ます。

その時まで虎視眈々と狙っておきましょう。
そのうちほかに好きな人ができるかもしれませんし、そうでなければ猛アタックしてOK。

自分なりの幸せを掴みましょう。




■おわりに

恋は自分勝手でいいものです。特に禁断の恋は「奪うかあきらめるか」の2択になりがち。

奪うと決めたら全力ていってくださいね。
ただ、周囲の幸せが自分の幸福度にも大きく影響してくることは確か。

一番自分が幸せになれる方法を選んでください。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】