「あの時振ってなければ・・・」男性が振った元カノに未練を感じてしまう瞬間6選!



「未練が残りやすいのは女性より男性」というのはよく言いますよね。

自分が振られたのであれば未練が残っても仕方ないかもしれませんが、自分から振っておいて未練を感じてしまう…。

男性にはそういう時があるようです。

それではさっそくネット上でのリサーチ結果を見ていきましょう!

 



■元カノと街中でばったり再会して話がはずんだとき

元カノと街中でばったり再会して会話がはずんでしまったりしたら「あぁ、やっぱ気があうのかな?」と思っていしまうかも。

未練を感じやすい瞬間のひとつです。
 

■現在の彼女と比較し、元カノの良い点に気づいたとき

これは今の彼女には失礼な行為かもしれませんが、人間やっぱり比較はしてしまうもの。

他の女性がどんな感じなのかを知って、元カノの良い場面を思い出してしまう事もあるそうです。
 

■元カノが他の男性と良い雰囲気になり始めたのを見たとき

これは嫉妬に近い感情かもしれません。

「おれの彼女を返せ!」的な気分になるのかも?

現実には振ったあとですから本人の彼女では無いんですが、やっぱりその独占欲から嫉妬をしてしまうことはあるようですね!

 



■いつの間にか元カノが自分にとってかけがえのない存在だったと気づいたとき

これは調べていて少し胸が痛く感じました。

今、彼女がいる方はあとになって後悔しても仕方りませんので、ぜひ大切にしましょうね!

長く付き合って新鮮味が薄れてしまったとしてもアナタの大事な「パートナー」だったりすることも多いですよ!
 

■元カノほど気の合う人はなかなかいないことを痛感したとき

これも胸が…。

一度距離を置くことで相手の良さや優しさ、「あの時自分のタメを想ってこう言ってくれたんだな…」とかそういう事を感じることが多いみたいです。

逆に、この「距離をおいて相手の良さが見えてくる」というのは男性だけではなく女性にも多く見られる傾向です。
 

■再会したら元カノがものすごく綺麗になっていたとき

やっぱり相手の女性が自分といた時よりめちゃくちゃ綺麗になっていたり輝いてたりしたら未練が出てきてしまうというもの。

「綺麗になって見返してやる!」などとよくいいますが、これはあながち間違いじゃないのかも?

相手が輝いている姿を見てなんだか切なくなる男性は多いようです。

 


■おわりに

今回はネット上のランキングなどを参考に6つピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

実際このような経験をしたことがある方も多いのでは?

文章中でも書きましたが、今のパートナーがいつの間にかかけがえのない存在になっているというのはよくあること。

別れを決断する前に、相手を輝かせて、一緒に楽しい空間を作っていける方法はないものか一度考えてみるのも良いかもしれませんね。


あわせて読みたい


【スポンサーリンク】