こんなので喜ぶの!?男性が喜ぶ意外な4つのメールテク!



彼の仕事が忙しくて、なかなか会えない時期ってありますよね。

デートに行けないのも寂しいけれど、疲れた彼を見ているとなんとか元気づけてあげたくなるものです。

そこで今回は、疲れた男性もそれを見れば元気が湧いてくるようなメール&LINEのテクニックを伝授しようと思います。

これで、彼もあなたに惚れ直してくれるかもしれませんよ。




■最初は労いのあいさつで

メールの冒頭には、必ず「お疲れさま」という労いの言葉を入れましょう。

お疲れさまだなんて仕事相手に送るメールみたいで嫌!という女性は多いですが、男性の意見はこれとは逆。

彼女から「お疲れさま」と言ってもらうと、「自分が頑張っているのを分かってくれている」と感じるのです。

その一言があるだけで「明日も頑張ろう!」と思ってくれるのですから、言って絶対に損はありませんよ。


■「好きだよ!」と言ってみる

長く付き合っているとメールやLINEでわざわざ愛の言葉を伝えることもなくなってきますよね。でもそんな時こそ、思い切って「好きだよ!」と送ってみましょう。

話の流れからでなく、いきなり不意打ちで送るのがベスト。

「いきなりどうしたの!?」なんて返事がくるかもしれませんが、電話の向こうで男性はニヤニヤしっぱなしです。

疲れて心が弱っているときに、恋人からの甘い言葉で立ち直れるのは女性も男性も同じ。今更恥ずかしいなんて言わずに、思い切って送ってみてください!




■一文に想いをこめる

なかなか会えないからこそ長くメールやLINEのやりとりをしたくなるものですが、無理は禁物。彼が疲れているからこそ、彼のタイミングでやりとりを終わらせられるよう工夫しましょう。

ダラダラと長いメールは返事も考えるのに時間がかかり、彼はますます疲れてしまいます。

この一言に全てを託す!くらいの意気込みで、なるべく短い簡潔な一文を送るようにしましょう。

あなたのその気遣いは、きっと彼にも届くはずですよ。


■彼の愚痴には同調する

もし彼が仕事の悩みや愚痴を言ってくれることがあれば、まずはそれに同調してください。

例え彼の意見が間違っていたとしても、最初は「そうだね、あなたの言う通り」と受け止めてあげましょう。

誰にも理解してもらえないことこそ、恋人にだけは理解してほしいと思うのが人間です。あなたが彼を優しく受け止めてあげることで、あなたが彼の拠り所となります。

同調の言葉は、それだけで癒しになるということを忘れないでくださいね。




■おわりに

こうして見ると、テクニックとも言えないような簡単なものばかりですよね。

でも、簡単だからこそ普段は見落としてしまうもの。

彼を癒してあげたいという思いがあるなら、「恥ずかしい」や「寂しい」なんて独りよがりな感情は一度捨ててください。

あなたのその思いがあれば、きっと彼を元気づけることができますよ!
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】