片思いの彼もあなたにガッカリ?電車の中の4つのNG行動!



職場以外で、毎日同じ人と同じ空間で過ごす場所がありますよね。そう・・・それは通勤電車。

毎朝毎晩同じ人と顔を合わせるうちに、気になる人が出てくることもあるでしょう。

また、ひと昔前に流行した「電車男」も電車内での出会いがきっかけでした。

でも出勤前・退社後ということもあって、電車の中では気を抜きがちになってしまうのも事実。

そこで今回は、電車の中でやっていると淡い恋心も冷めてしまうNG行動をご紹介したいと思います。




■ドア付近を陣取る

ラッシュ時の電車では、始発に乗るかたまたま前に座っている人が降りない限り立ちっぱなしがほとんど。

そんな中、ドア付近は背もたれもあるし立っているのが比較的楽ですよね。

でも、大勢が乗り降りしている中、意地でもドア付近のスペースを陣取るのは非常に迷惑。

乗り降りする人の邪魔になるだけでなく、意地を張っているその姿が非常に醜く見えてしまうので気をつけてくださいね。


■濡れた傘を気にしない

雨の日は濡れた傘の処置に困りますよね。

悪気はないのかもしれませんが、あなたが持っている傘が他人にべちゃりと当たっても無視するのは非常に感じが悪い行動。

一言すみませんと謝るだけでも、当てられた人の心証は変わります。

もちろん、早く乾かしたいばかりに濡れた傘を畳まないなんてことは論外ですので絶対に止めてくださいね。




■優先座席を譲らない

混んだ車両でも、比較的席が空きやすいのが優先席。

優先席には対象者以外座ってはいけないなんて決まりはないので、もちろんそこに座ることは悪いことではありません。

だからって、お年寄りや妊婦さんが乗り込んできても目を瞑って寝たフリ・・・なんて行動をとるのは最悪。

私じゃなくても隣の人が席を譲ればいい、なんて自分勝手な考えは止めましょう。

情けは人のためならず。巡り巡ってきっといいことがあるはずですよ。


■咳やくしゃみをする

混みあった電車の中は埃が舞い、空気も悪いので、咳やくしゃみが出やすくなりますよね。でも、その衝動のままに咳やくしゃみをしてはいけません。

我慢しろとは言いませんが、手やハンカチで口元を覆うようにしましょう。

下品に見えるだけでなく、「風邪移すなよ・・・」とみんなのひんしゅくを買ってしまいますよ。




■おわりに

もしやってしまったことのある行動があれば、今すぐ改めましょう。気になるあの人だけでなく、乗客全員からドン引きされているかもしれません。

もしかしたら、あなたを気にしてくれている人だっているかもしれないんです。

他人を不愉快にさせるような行動は慎んでくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】