こんな時代だからこそお見合いはいかが?相手に見初めてもらえる4つの条件!



そろそろ婚活を始めようかな・・・とお考えのみなさん!婚活の手段は何にしようか、もう決めましたか?

合コン、街コン、婚活パーティー・・・色々な方法はありますが、ここは初心にかえってお見合いという手段はいかがでしょう?

お見合いはお相手のバックボーンもしっかりしていますし、「付き合うのはいいけど実は結婚する気ない」なんてガッカリ展開もなく、安心してお付き合いできます。

そこで今回は、お見合いで相手に選ばれる条件を4つご紹介したいと思います。

これからお見合いする予定がある人も、予定はないけど「お見合い」が気になっているという方も、どちらも必見ですよ!




■相手と目が合ったらまず会釈

本日はお日柄もよく・・・なんて挨拶が始まってからがお見合いではありません。相手の姿を見つけ、目が合った瞬間からお見合いはスタートしています。

第一印象が大切なのは、どんな出会いも一緒。目が合ったらまず軽く会釈して、にっこり微笑みましょう。

それだけであなたの印象はぐっと良くなります。


■家庭的

お見合いをして結婚相手を見つけようとしている男性は、あまりバリキャリ女性を好みません。どちらかというと家庭的な、女性らしい女性を好みます。

ですから、自分をアピールするときは仕事面ではなく、料理が得意だとか家庭的な一面をアピールしていきましょう。

仮に本当は得意じゃなくても、旦那様のために頑張って家事をする女性はかわいく見えるものです。

嘘はつきたくないと言う方は、後から練習して次に彼に会うまでに上手になればいいんです。




■自立している

いくら結婚は家と家の問題とはいっても、いつまでも親にべったりな依存度の高い女性は敬遠されてしまいます。

きちんと精神的に自立している、「自分」というものを持っている女性と結婚したいと思うのは当たり前。

これから新しい家庭を築くのですから、ふらふらした奥さんでは男性も困ってしまいますよね。

お見合いでは自分の夢や、その夢を叶えるためにこんなことを頑張っているということを語り、精神的自立をアピールしましょう。


■笑顔を絶やさない

男性が結婚生活に求めているものは、”癒し”! ただそれだけです。

お見合いでは緊張して、表情がこわばったり無口になってしまうこともあるかもしれません。でもその緊張を乗り越えて、お見合いの最中は笑顔を絶やさないようにしてください。

そうすれば、癒し系の包容力がある女性だという印象を相手に与えることができます。

にっこり笑って「おかえりなさい」と旦那様を迎えているところをイメージして、笑顔をつくってくださいね。




■おわりに

これら4つのことに気をつけて、「選ばれる女性」になりましょう。

お相手を慈しむ心を持てば、自然とそんな女性になれるはず。

お見合い=愛のない結婚なんて考えは古いものです。一生涯愛せる旦那様と結婚するんだ!という意識を強く掲げて、お見合いにのぞんでくださいね。
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】