いつかける?何話す?彼氏への良い電話のかけ方のポイント!



電話は簡単と思いきや、タイミングや話す時間など、メールよりも難しい所もあるものです。しかし上手なかけ方を学んでおけば、二人の恋はスムーズに展開していくはず。

今日は、電話の際に気をつけて欲しいことについてお話ししていきたいと思います。




■突然の電話は避ける

突然の電話って、相手がきっと喜ぶと思ってしまうのは大きな間違いです。仕事中だったり、友人と遊んでる時などの忙しい場合は、相手にとって迷惑以外の何者でもありません。

できれば「今大丈夫?」など、一言LINEやメールを送るほうがお互いにとって◎

また、夜中や寝る前に寂しくて、彼が出るまで電話をかけるなどの行為は絶対にNG!「親しき仲にも礼儀あり」という心構えを、彼氏に持つといいでしょう。


■電話の誘いは3回に一回がベスト

彼氏とデート前など、会えない日があると電話をしたい気持ちが高まることでしょう。そんな時、電話を自分からのかけるのは「3回中1回」くらいのペースがおすすめ。

男性の心理は難しく、あまりグイグイいってしまうと引いてしまう場合があるからです。

もちろん、デートの誘いもこれと同じ事がいえます。ある程度、何事も男性から誘われて行く方が上手くいく場合が多い傾向にあります。




■長時間の電話は避けるべし

みなさんは、いつもどのくらいの通話時間彼氏とお話ししていますか?

3時間や5時間といった長時間話していると言う人はNG!出来るだけ1~2時間でとどめるように気をつけましょう。

一日でたくさん話してしまうと次回話す内容に困るし、彼は聞き疲れている可能性も・・・。

早めに切った方が、相手にとって「また話したい」と思える状態になるからです。


■「無料」を上手くつかう

普通に電話をかけてしまうと、毎月のケータイ代は恐ろしい金額になってしまいます。カップルは特に、カカオ、LINE、Skypeといった無料通話を最大に活かして使いましょう。

アプリでの通話は電波が悪くなりやすいので、その点を気にする二人は携帯会社にゴー!

恋人同士や家族同士なら、通話が無料というコースを設ける会社は最近多いですよね。そういったお得なサービスは、しっかりと利用する事をお勧めします。




■おわりに

電話も、恋人にとって大切なコミニュケーション方法の一つです。

昔話をしたり、最近のブームを話したりと、お互いの事を知れる本当に素敵な時間。

これらを参考に、いかにうまくその時間を過ごすかで、二人の関係性も変わっていくはずでしょう♪
 

あわせて読みたい


【スポンサーリンク】